「販売チャネル」と「流通チャネル」の意味の違いとは?

ビジネスシーンでよく聞く言葉「販売チャネル」と「流通チャネル」。微妙に似ている言葉であるため、意味を混同してしまうビジネスパーソンもいるかもしれません。この二つの言葉には、それぞれどのような意味があるのでしょうか?


「販売チャネル」と「流通チャネル」の意味の違いとは?

「チャネル」の意味とは?

「販売チャネル」と「流通チャネル」の意味の違いを見る前に、まず両方の言葉に共通する「チャネル」の意味から確認しましょう。

「チャネル」とは英単語 channel のこと。ラテン語の”水導管”が語源で、名詞では”水を流すための管”や”水路”に”運河”、動詞では”水路や運河を作ること”という意味があります。流れるものは水だけでなく電波や情報などでも構いません。

余談ですが、私たちが生活の中で聞き慣れているテレビの「チャンネル」も英単語 channel に由来します。

英単語 channel の意味
  • 名詞=”水を流すための管””水路””運河”
  • 動詞=”水路や運河を作ること”
  • ※流れるものは水だけでなく電波や情報などでも可

新聞や経済系の雑誌、そして企画書などのビジネスシーンで channel は「チャネル」と表記され、商品やサービスの”経路”という意味で用いられるのが一般的。

そして、この「チャネル」を用いた「販売チャネル」と「流通チャネル」という言葉は、主に企業のマーケティングで用いられています。

「販売チャネル」の意味とは?

「販売チャネル」とは、”商品やサービスを消費者に販売する経路”のこと。”消費者が商品やサービスを購入する場所”と言ってもよいでしょう。

日用品や食料品であれば、メーカーで作られた商品は《メーカー→問屋→小売業者》であったり、《メーカー→ネット通販業者》を通じて消費者に販売されます。

この《メーカー→問屋→小売業者》、および《メーカー→ネット通販業者》といった各々の経路全体を指して「販売チャネル」と呼ぶこともあれば、最終的に”消費者が商品やサービスを購入する場所”である《小売業者》や《ネット通販業者》のみを指して「販売チャネル」と呼ぶこともあります。使用されるシチュエーションや文脈によって意味するところが異なってきます。

また、中には「販売手法」や「販売方法」という意味で「販売チャネル」という言葉が用いられるケースもあるようです。

「販売チャネル」の意味
  • 商品やサービスを消費者に販売する経路
  • 消費者が商品やサービスを(最終的に)購入する場所
  • 販売手法や販売方法のこと

例えば、『インターネットの登場は企業の「販売チャネル」の拡大に寄与した』というように使われます。

「流通チャネル」の意味とは?

一方、「流通チャネル」にも「販売チャネル」同様に”商品やサービスを消費者に販売する経路”という意味があります。

しかし”流通”という言葉がついているだけあって、「流通チャネル」という言葉では、商品の”流通”に必要不可欠な問屋や運送業者といった外部業者までを含めた”商品やサービスを消費者に販売する経路”という意味合いが強くなります。

先ほどの日用品や食料品の例で考えると、メーカーで作られた商品が《メーカー→問屋→小売業者》の経路を通じて消費者に販売されるケースがあります。その際の《問屋》であったりメーカーから問屋へ商品を運送する外部の《運送業者》など、商品の”流通”に関係するすべてを含めた”商品やサービスを消費者に販売する経路”が「流通チャネル」の意味するところになるのです。

主に商品の”流通”に関連したビジネス上の施策について語る際などに、「流通チャネル」という言葉が用いられます。

「流通チャネル」の意味
  • 商品の”流通”に関係するすべてを含めた、商品やサービスを消費者に販売する経路
  • 問屋や運送業者など外部業者も含まれる

例えば、パソコンメーカーのDELLの特徴である、中間業者を排しダイレクトに最終顧客との接触を持つ直販体制(デル・ダイレクトモデル)は、それまでの一般的な「流通チャネル」を通さない斬新な経営スタイルを構築したと評価されています。

「コミュニケーションチャネル」の意味とは?

ちなみにマーケティング用語には「コミュニケーションチャネル」という言葉も存在します。

「コミュニケーションチャネル」とは、”消費者に対し自社の商品やサービスを認知してもらうために情報を送ったり、消費者からの意見を受け取るための経路”のこと。

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌などといったメディアからチラシやダイレクトメール、自社のWEBサイトなどが消費者との「コミュニケーションチャネル」となります。

「コミュニケーションチャネル」の意味
  • 消費者に対し自社の商品やサービスを認知してもらうために情報を送ったり、消費者からの意見を受け取るための経路

ビジネスパーソンとしては「販売チャネル」「流通チャネル」「コミュニケーションチャネル」と3つの「チャネル」の意味を理解しておきたいところです。

「販売チャネル」「流通チャネル」について深く知る参考リンク

※本記事は2016年1月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。