ビジネスシーンのみならず、普段の生活の中でもよく聞く言葉「イニシャルコスト(=initial cost) 」と「ランニングコスト(=running cost)」。カタカナ言葉でもある二つの言葉、大人の常識として意味を知っておきたいところです。それぞれ、どのような意味と違いがあるのか考えてみましょう。

「トータルコスト」で考えろ!?「イニシャルコスト」と「ランニングコスト」の意味と違いとは?

「コスト」の意味とは?

「イニシャルコスト」と「ランニングコスト」の意味の違いを考える前に、まず両方の言葉に共通する「コスト」の意味を確認しましょう。

「コスト」とは英単語 cost のこと。cost には名詞で"費用"という意味があります。例えば『コストがかかりすぎる』といえば"費用がかかる"ということですし、『コストカットを実施する』といえば"費用”の削減(= cut )を行うということですね。

英単語 cost の意味
  • "費用"



「イニシャルコスト」の意味とは?

そして「イニシャルコスト」。こちらも「イニシャル」の意味がわかれば難しくありません。

「イニシャル」は英単語 initial に由来しています。initial には形容詞で"初めの""最初の""初期の"という意味があります。

例えば『田中太郎さんのイニシャルは T.T です』のように使われる「イニシャル」は、ローマ字で表記された姓名の"初めの"1文字を並べたものです。

余談ですが、漫画『頭文字D』も「イニシャル・ディー」と呼ばれますね。

英単語 initial の意味
  • "初めの""最初の""初期の"

「イニシャルコスト」という言葉においては、「イニシャル」は"初期の"という意味で用いられています。

すなわち、「イニシャルコスト」とは"初期費用"。"いちばん初めにかかる費用"という意味があるのです。

「イニシャルコスト」の意味
  • "初期費用"
  • "いちばん初めにかかる費用"

「ランニングコスト」の意味とは?

一方、「ランニングコスト」の意味はどのようなものでしょうか。「ランニング」と聞くと"走る"ほうの「ランニング」を頭に浮かべる人もいるでしょうが、ちょっと違います。

「ランニングコスト」の「ランニング」は英単語 run に由来しています。そしてこの英単語 run は多くの意味を持つ多義語としても知られています。

私たちがよく知っている"走る"という意味だけでなく、"(機械などが)動く""(車や船など)を運転・運行させる"といった意味も持っています。

多くの場合において、「ランニングコスト」は"(車や機械などの)維持費用"として日本語に訳されることがほとんどです。

「ランニングコスト」の意味
  • "(車や機械などの)維持費用"
  • "運営費用"
  • "運転費用"

というわけで、「イニシャルコスト」は"初期費用"、「ランニングコスト」は"維持費用"という意味になります。

「イニシャルコスト」と「ランニングコスト」の意味
  • イニシャルコスト="初期費用"
  • ランニングコスト="維持費用"

「イニシャルコスト」と「ランニングコスト」の例

「イニシャルコスト」と「ランニングコスト」という言葉は、ビジネスシーンでは新規事業の展開、事務所の開設、機械設備の導入などを実施する際によく用いられます。

私たちの普段の生活の中でも、自動車やマンション・一戸建てなどの住宅や、暖房器具やプリンターなど電気機器の購入を行う際に、「イニシャルコスト」や「ランニングコスト」という言葉をよく聞きます。

例えば一戸建て住宅を購入する際、一番最初にかかる土地取得費用や建設費用は「イニシャルコスト」、メンテナンス費用や修繕費用、光熱費用が「ランニングコスト」になります。

「トータルコスト」というのもある

ちなみに「イニシャルコスト」と「ランニングコスト」を合計したものを「トータルコスト(=total cost)」と呼びます。

英単語 total には"全ての"という意味があり、「トータルコスト」を日本語に直訳すると"総費用"という意味になります。

そして自動車や住宅、暖房器具やプリンターなど電気機器を購入する際には、「トータルコスト」を基準に考えるとよいと一般的には言われています。

いずれにせよ大人の常識として「イニシャルコスト」「ランニングコスト」「トータルコスト」、それぞれの言葉と意味を覚えておきたいですね。

「イニシャルコスト」「ランニングコスト」について深く知る参考リンク

※本記事は2016年4月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ: 違い 会計関連