嫌味と嫌がらせが主な仕事内容!?「お局様」の意味とは?

敵に回すと厄介な存在に

「職場の『お局様』にいじめられているんです (ノд・。) グスン」「職場の『お局さん』の対処方法を教えてください」……。

相談系サイトでもよく見かける「お局様」を巡るトラブルの数々。他人の不幸は蜜の味とはいうものの、いざ自分が巻き込まれたら困ってしまいますね。

というわけで、ここではそんな「お局様」という言葉の意味について考えてみたいと思います。


嫌味と嫌がらせが主な仕事内容!?「お局様」の意味とは?

マジ使えない


「お局様」の辞書的な意味

まずは「お局様」という言葉の読み方と意味の確認から。

「お局様」の読み方は”(お)つぼねさま”。「局」とは江戸幕府の大奥における女性の最高位の役職名で、「お局様」と敬称をつけて呼ばれました。

お局様(読み方:”(お)つぼねさま”)の辞書的な意味
  • “江戸幕府の大奥における女性の最高位の役職名に敬称をつけたもの”

NHKの大河ドラマが「お局様」という言葉を生む

「お局様」の代表的人物は、江戸幕府3代将軍・徳川家光の乳母である春日局(”かすがのつぼね”)。彼女は相当なやり手であり、老中をも上回る実質的な権力を握った女性として知られています。

1989年、NHKで放映された大河ドラマ『春日局』(脚本:橋田壽賀子、主演:大原麗子)が社会的ブームとなります。

このブームをきっかけに「お局様(お局、お局さん)」という言葉は、職場で権力を持つ女性に対する隠語として広く使われるようになっていったのです。

「お局様」の世間一般的な意味

「お局様」とは、世間一般的にはどのような女性を指すのでしょうか。

職場で権力を持つといっても、部長や課長などの役職に就き、実際に職務上の権限を持っている女性に対しては「お局様」という言葉は用いられません。

世間一般的には、”職位は同じだけれども年長であったり勤務年数が長いため、職場においてリーダー的立場であったり指導的立場を任され、発言力や政治力を持つ女性”は「お局様」と呼ばれる可能性があります。

「可能性があります」としたのは、発言力や政治力をよい方向で用いて、周囲から頼られたり尊敬を受けるケースにおいては「お局様」にはならないからです。

もし”発言力や政治力を悪い方向に用いてトラブルメーカーになってしまったり、職場をパワーゲームの場にしてしまう”場合には、「お局様」と呼ばれる確率が高まるでしょう。

お局様(読み方:”(お)つぼねさま”)の世間一般的な意味
  • “職位は同じだけれども年長であったり勤務年数が長いため、職場においてリーダー的立場であったり指導的立場を任され、発言力や政治力を持つ女性”
  • “発言力や政治力を悪い方向に用いてトラブルメーカーになってしまったり、職場をパワーゲームの場にしてしまう女性”

発言力や政治力を背景に嫌味を言ってきたり嫌がらせをしてくる……。そんなネガティブなイメージを含むのが「お局様」という言葉なのです。

ネガティブなイメージを含む「お局様」という言葉

ですから、特に新入社員に注意してほしいことですが、年配の女性を目の前にして「お局様」とは絶対に言ってはなりません。

尊敬できる先輩に対して、間違った意味で使ってはいけないというのはもちろんですが、「ちょっと苦手だな」と思う先輩に対して「センパイ怖ーい『お局様』みたーい ‘(*゚▽゚*)’」などと言った日には、翌日あなたの席はキレイさっぱりとなくなっていることでしょう。

あくまでも「お局様」という言葉は、給湯室など本人のいないところでヒソヒソとつぶやかれるべき言葉なのです。

行灯=照明器具のこと 「コネ入社と噂され、いつもヘラヘラしている宣伝部の部長は、周囲から陰で『昼行灯』と呼ばれている」「いや~俺は『昼行灯』だからさ~」......。 このように、ビジネスシーンでもまれに見聞...

いずれにせよ、「お局様」という言葉の使用には細心の注意を払いたいところです。

以上、「お局様」の意味と使い方についての説明でした。参考になれば幸いです。

「お局様」について深く知る参考リンク

※本記事は2016年5月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。