”家庭内の”という意味だけじゃなかった!「ドメスティック」の意味とは?

「『ドメスティック』な企業」ってナニモノ?

何気なく同僚がつぶやいたこんな一言。「うちの会社は『ドメスティック』な企業だからなぁ」……。

ん?「ドメスティック」は「ドメスティック・バイオレンス(DV)」だよな。ということは”家庭的な”会社なのか?いやいや、もしかして”暴力的な”会社という意味か?

ビジネスシーンでもたまに聞く「ドメスティック」という言葉。実は”家庭内の”という意味だけではないのです。

というわけで、ここでは「ドメスティック」という言葉の意味を再確認してみたいと思います。


”家庭内の”という意味だけじゃなかった!「ドメスティック」の意味とは?

「ドメスティック」の意味は二つあるんです!


二つの意味がある「ドメスティック」

「ドメスティック」は英単語 domestic を語源とするカタカナ語。英単語 domestic は大学受験レベルの単語なので、ご存じの方も多いでしょう。

この英単語 domestic には、”家庭内の”と”国内の”という二つの意味があります。

英単語 domestic の意味
  • “家庭内の”
  • “国内の”

近年、”家庭内暴力”の意味を持つ「ドメスティック・バイオレンス(DV)」が広く知られるようになり、「ドメスティック」には”家庭内の”という意味があることは、よく知られています。

しかしビジネスパーソンとしては、「ドメスティック」には”国内の”という意味があることも、ぜひ知っておきたいところです。

「うちの会社は『ドメスティック』な企業だからなぁ」の意味

話を冒頭に戻しましょう。何気なく同僚がつぶやいた「うちの会社は『ドメスティック』な企業だからなぁ」。この言葉の意味するところは、だいたい察しがついたのではないでしょうか。

そう、「ドメスティック」な企業とは、海外展開する企業であったり輸出企業ではない、あくまで”日本国内”で活動する企業や”内需型”企業を指すのです。

ビジネスシーンでたまに聞く「ドメスティック」という言葉は、主に”国内の”の意味で用いられることが多いのではないでしょうか。

あの超有名洗剤の名前も「ドメスティック」に由来

余談ですが超有名洗剤「ドメスト」。実は「ドメスト」の名前も「ドメスティック」に由来するのだとか。

「ドメスト」は”家庭内の””国内の”、いったいどちらなのでしょうか?

「ドメスト」ホームページには以下のように書かれています。

ドメストはどういう意味ですか?

英語で「家庭の、家事の」という意味のDomestic(ドメスティック)に由来しています。ドメストで家の中を衛生的に、清潔に保って欲しいとの思いを込めています。

-ドメストホームページより引用

なるほど。「ドメスト」は”家庭内の”という意味なんですね。

以上、「ドメスティック」の意味についての説明でした。参考になれば幸いです。

※本記事は2016年6月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。