ゲームじゃないよ!社会人が使う「ロープレ(ロールプレイング)」の意味とは?

”営業トーク・接客トークを社員同士が役割を演じて練習すること”

「『ロープレ』研修」「社内の『ロープレ』大会」「テレアポの『ロープレ』」……。

社会人になり営業職や接客関連の業務に配属されると、見聞きする機会が多くなる言葉のひとつに「ロープレ(ロールプレイング)」というものがあります。

この「ロープレ」という言葉には、いったいどのような意味があるのでしょうか?


ゲームじゃないよ!社会人が使う「ロープレ(ロールプレイング)」の意味とは?

先輩!ロープレやりましょう!


社会人が使う「ロープレ(ロールプレイング)」はゲームではない

「ロープレ(ロールプレイング)」とは、英語の role playing を語源とする言葉。

role playing には、”役割を演じる”という意味があります。

role playing の意味
  • “役割を演じる”

「ロープレ(ロールプレイング)」と言えば、テレビゲームの『ドラゴンクエスト』シリーズや『ファイナルファンタジー』シリーズを思いうかべる人がほとんどでしょう。

しかし、これらは正確には「ロールプレイングゲーム(Role Playing Game)」。

社会人が使う「ロープレ(ロールプレイング)」は、残念ながらゲームではありません。

社会人が使う「ロープレ」の意味とは?

社会人が使う「ロープレ」は、主に”営業トーク・接客トークを社員同士が役割を演じて練習すること”という意味で用いられます。

「ロールプレイング」を省略し、「ロープレ」と呼ばれることがほとんどです。

社会人が使う「ロープレ」の意味
  • “営業トーク・接客トークを社員同士が役割を演じて練習すること”

例えば社員が二人一組になり、片方は営業あるいは接客役、片方はお客の役を演じて、営業トーク・接客トークの練習をすることが典型的な「ロープレ」です。

営業や接客関連の業務で「ロープレ」を行う目的 ①

「ロープレ」を行う最大の目的は、新入社員の営業トーク・接客トークのトレーニングのため。

一般的な会社には、営業や接客のマニュアルが存在しますが、マニュアルだけではサポートしきれない部分を上司や先輩が指導するために「ロープレ」を行います。

例えば、基本的な言葉遣いや声の出し方、タイミング、目線といったものから、商品知識や営業ノウハウの習得、お客との間でよくあるトラブル事例や対応方法の確認などが挙げられるでしょう。

また「ロープレ」を繰り返し行うことで、新入社員は自然な営業トーク・接客トークができるようになり、営業職ならアポの取得率や成約率の向上、接客関連の業務なら顧客満足度(CS)の向上も見込めるようになります。

営業や接客関連の業務で「ロープレ」を行う目的 ①
  • 新入社員の営業トーク・接客トークのトレーニング
  • 営業職でアポの取得率や成約率が見込める
  • 接客関連の業務で顧客満足度(CS)の向上が見込める
『ジャパネットたかた』の成功の秘訣!? 「見込み客に対し『成功ストーリー』をイメージさせ成約につなげる」「『成長ストーリー』を全社員間で共有する」......。 ビジネスシーンでよく見聞きする「ストーリー」と...

営業や接客関連の業務で「ロープレ」を行う目的 ②

新入社員のみならず中堅以上の社員にとっても「ロープレ」は重要なもの。

例えば商品の売り上げが伸びなかったり顧客満足度(CS)が低下した際、「ロープレ」を繰り返し行うことで、これまでの営業トーク・接客トークの改善点を発見することができるのです。

営業や接客関連の業務で「ロープレ」を行う目的 ②
  • 営業トーク・接客トークの改善点を発見することができる

「ロープレ」はビジネスパーソンとしてのスキルを向上させる!?

新入社員のみなさんの中には「『ロープレ』なんて嫌だなぁ」と思う人もいるかもしれません。

しかし、「ロープレ」を繰り返し行うことで営業や接客の基本トークを習得したり、上司や先輩から言葉遣いや声の出し方にダメ出しをしてもらうことで、あなたのビジネスパーソンとしてのスキルは確実に向上します。

極端な話、転職を考えた際に、あなたの転職市場での価値を高めることにもつながるでしょう。

「ロープレ」をきちんと行う会社は、きちんとした会社?

また「うちの会社は『ロープレ』研修が多くてブラックだよ」と言うビジネスパーソンもいますが、これは間違いです。

世の中には、新入社員にマニュアルだけ渡して「ロープレ」もせずに OJT でいきなり業務に就かせる会社は少なからず存在します。

そのような会社に比べると、(会社にとってコストのかかる)「ロープレ」をきちんと行う会社は、社員教育をきちん行う会社であると考えることができるのです。

コンビニ業界のみならず小売業界の雄でもあるセブンイレブン。 セブンイレブンには「接客六大用語」というものがあり、アルバイトが勤務に入る際には、この「接客六大用語」を毎回唱和しなければならないそうです。 というわけ...

「ロープレ」の使い方

ビジネスシーンにおいて「ロープレ」という言葉は以下のように用いられます。

ビジネスシーンで用いられる「ロープレ」の例
  • ロープレ研修
  • 社内のロープレ大会
  • テレアポのロープレ
  • 受付業務のロープレ

「ロープレ」の同義語・類義語

社会人が使う「ロープレ」に似た言葉には、「営業研修(練習・トレーニング)」「接客研修(練習・トレーニング)」などといった言葉があります。

社会人が使う「ロープレ」の同義語・類義語
  • 「営業研修(練習・トレーニング)」
  • 「接客研修(練習・トレーニング)」
”教室などで講師による講義を聴き、知識を身につけること” 「IT業界では、『座学』よりもOJTのスタイルのインターンシップが主流だ」「管理職昇格者に対しては、1か月かけて20時間の『座学』研修を行います」......

いずれにせよ、「ロープレ」という言葉は社会人の間でもよく用いられる言葉。

友人との会話で「『ロープレ』?お前は会社でゲームやってんの?うらやましいな!」などと発言して恥をかかないよう、社会人の常識として意味を知っておきたいところです。

以上、「ロープレ(ロールプレイング)」の意味と使い方についての説明でした。参考になれば幸いです。

※本記事は2016年8月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。