明文化されていない暗黙のルール!「不文律」の意味とは?

”文章で明確に定められていない暗黙のルール”全般のこと

「業界内のルールとして、円満退社せずに独立した者には仕事を発注しないという『不文律』が存在する」「放送業界には、スポンサーへの配慮のため、番組の終了は遅くとも3ヵ月前までに決めなければならないという『不文律』がある」……。

このようにビジネスシーンでも見聞きする機会が多い「不文律」という言葉。

いったいどのような意味や使い方があるのでしょうか?


明文化されていない暗黙のルール!「不文律」の意味とは?

不文律は破っちゃダメ!


「不文律」の読み方と意味とは?

まずは「不文律」の読み方と意味の確認から。

「不文律」の読み方は”ふぶんりつ”。

元来、”明文化されていない(=文章で明確に定められていない)法律”という意味があり、転じて”文章で明確に定められていない暗黙のルール”全般のことを「不文律」と呼びます。

「不文律」(読み方:”ふぶんりつ”)の意味
  • “明文化されていない(=文章で明確に定められていない)法律”
  • “文章で明確に定められていない暗黙のルール”

「不文律」=「暗黙のルール」と覚えておけばよいでしょう。

「不文律」に似た言葉

「暗黙のルール」の他には、「暗黙の了解」「暗黙の掟(おきて)」「紳士協定」などが「不文律」に似た言葉となります。

「不文律」の同義語・類義語
  • 「暗黙のルール」
  • 「暗黙の了解」
  • 「暗黙の掟(おきて)」
  • 「紳士協定」

「不文律」は破ってはならない!?

「不文律」は、ある特定の集団の秩序を守るために慣習的に守られてきたルールであることが多いようです。

ビジネスの世界でも、冒頭で挙げた「業界内のルールとして、円満退社せずに独立した者には仕事を発注しないという『不文律』が存在する」のような取り決めは、どの業界にも少なからず存在するもの。

また集団の秩序を守るためにも、「不文律」は破ってはならないものであるとされています。

宝塚音楽学校の「不文律」

本科生(2年生)が予科生(1年生)を厳しく指導することで知られる宝塚音楽学校。

宝塚音楽学校の予科生には、校則ではない”文章で明確に定められていない暗黙のルール”が存在するのだとか。

これもまた「不文律」の一例だと言えるでしょう。

宝塚音楽学校・予科生の「不文律」
  • 登下校の際には、姿勢を正してまっすぐ前を見つめて早足で登下校する
  • 私服で赤い衣服を着てはいけない
  • 阪急電鉄に乗車する際は、一番後ろの車両に乗らなければいけない
  • 校内では来客が通りやすいよう廊下の端を歩く

ちなみに現在では、これらの「不文律」は時代の変化に合わせて変わってきているそうです。

「不文律」の基本的な使い方

「不文律」という言葉の基本的な使い方(基本パターン)を見てみましょう。

基本的には、「不文律がある」「不文律が存在する」のように用いられます。

「不文律」の基本パターン
  • 不文律がある
  • 不文律が存在する
  • 不文律を守る
  • 不文律を破る

「不文律」の具体的な文例

「不文律」を用いた具体的な文例についても見てみましょう。

「不文律」を用いた具体的な文例
  • 放送業界には、スポンサーへの配慮のため、番組の終了は遅くとも3ヵ月前までに決めなければならないという「不文律」がある。
  • 出版業界では、小説を単行本で出したら3年は文庫にしないのが業界の「不文律」だ。
  • 芸人の世界には、食事に行ったら一番上の先輩がお金を払わなければいけないという「不文律」がある。
  • アメリカの公人には、アメリカの国益と安全を守らなければならないという「不文律」が存在する。
  • メジャーリーグでは、交代を告げにきた監督にボールを手渡すまで、投手はマウンドで待たなければいけないという「不文律」が存在する。

このように用いられます。

いずれにせよ、「不文律」という言葉はビジネスシーンでもよく用いられる言葉なので、社会人の常識として意味を知っておきたいところ。

また、ビジネスパーソンとしては業界の「不文律」は守った方がよさそうです。

以上、「不文律」の意味と使い方についての説明でした。参考になれば幸いです。

「不文律」について深く知る参考リンク

※本記事は2016年8月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。