「フィックス」と語源は同じ!「フィクサー」の意味とは?

「A氏は戦前の日本において政財界の『フィクサー』として暗躍した人物として知られる」「B氏は芸能界の『フィクサー』的な存在であるとされる」……。

このようにビジネス系の記事や芸能ニュースなどで見聞きする機会も多い「フィクサー」という言葉。

いったいどのような意味があるのでしょうか?


「フィックス」と語源は同じ!「フィクサー」の意味とは?

「フィクサー」の意味とは?


英単語 fix に由来するカタカナ語「フィクサー」

私たちがビジネスシーンでよく目にする「フィクサー」は、英語の fix を語源とする言葉。

英単語 fix は大学受験レベルに相当する英単語なので、知っている人も多いでしょう。

英単語 fix には、”~を固定する”や”(日時や場所など)を決める”といった意味があります。

英単語 fix の意味
  • “~を固定する”
  • “(日時や場所など)を決める”

この英単語 fix に人を表す接尾辞( -er )をつけた英単語 fixer がカタカナ語「フィクサー」の由来。

ちなみにビジネス用語に”(日時や場所など)を決める”という意味を持つ「フィックス」という言葉がありますが、「フィックス」も「フィクサー」も語源は同じとなるわけです。

「フィクサー」の意味とは?

カタカナ語「フィクサー」は、”(特に外交・政治・ビジネスの世界において)人脈などを駆使し人と人を繋げたり難しい交渉をまとめることができる、周囲に強い影響力を持った人物”、すなわち”仲介者”を指す言葉です。

また、「フィクサー」となる人物は仲介を行うことで多くの利益を上げたり、表舞台で活躍するというよりも裏交渉を行うというイメージがあるので、”黒幕”と呼ばれることもあります。

「フィクサー」の意味
  • “(特に外交・政治・ビジネスの世界において)人脈などを駆使し人と人を繋げたり難しい交渉をまとめることができる、周囲に強い影響力を持った人物”
  • “仲介者”
  • “黒幕”

「フィクサー」を用いた言葉の例

「フィクサー」を用いた言葉の例には、政治家と企業経営者の仲を取り持つ「政財界のフィクサー」や「大物フィクサー」といったものがあります。

「フィクサー」を用いた言葉の例
  • 「政財界のフィクサー」
  • 「大物フィクサー」
  • 「陰のフィクサー」

余談ですが、戦後の日本においては政財界に対し強い影響力を持った児玉誉士夫(こだま よしお)氏や、元伊藤忠商事会長で中曽根内閣のブレーンであった瀬島龍三(せじま りゅうぞう)氏らが有名な大物「フィクサー」として知られています。

「フィクサー」の使い方(文例)

「フィクサー」を用いた具体的な文例についても見てみましょう。

「フィクサー」を用いた具体的な文例
  • A氏は戦前の日本において政財界の「フィクサー」として暗躍した人物として知られる。
  • B氏は芸能界の「フィクサー」的な存在であるとされる。
  • 意思決定の過程に介入する資金、政治力、人脈などを持つ人物は「フィクサー」と呼ばれる。
  • アメリカでは悪徳弁護士のことも「フィクサー」と呼ばれている。

このように用いられます。

「フィクサー」の同義語・類義語

「フィクサー」に似た言葉には、意味でも取り上げた「仲介者」や「黒幕」、さらには「ブローカー」、「陰の実力者」などといった言葉が挙げられるでしょう。

「フィクサー」の同義語・類義語
  • 「仲介者」
  • 「黒幕」
  • 「ブローカー」
  • 「陰の実力者」
「中国からの訪日客による爆買いは、主に中国国内で日本製の商品の転売を目論む『ブローカー』によって支えられてきた」「怪しげな金融『ブローカー』が、未公開株の投資話を持ち掛けてきた」......。 このようにビジネス系...

いずれにせよ「フィクサー」という言葉は、あまりよい意味を持つ言葉ではなく、あくまで周囲がその人物を評して使うことが多い言葉です。

くれぐれも「いやぁ~部長は『フィクサー』みたいですね!」などと言って怒られないようにしてくださいね。

以上、「フィクサー」の意味と使い方についての説明でした。参考になれば幸いです。

「フィクサー」について深く知る参考リンク

※本記事は2016年10月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。