1本の枚数は50枚!「棒金」の意味とは?

「棒金」って何ぞや?

みなさんは「棒金」という言葉をご存じでしょうか?

この「棒金」という言葉。もしかしたら銀行員やレジ業務をしている人はよく知っている言葉かもしれません。

というわけで、ここでは「棒金」とは、いったいどのようなものを指すのかを説明します。


1本の枚数は50枚!「棒金」の意味とは?

「棒金」の意味とは?


「棒金」の読み方と意味とは?

まずは言葉の読み方と意味の確認からしましょう。

「棒金」の読み方は”ぼうきん”。

「棒金」には、”硬貨をまとめて棒状にしたもの”という意味があります。

「棒金」(読み方:”ぼうきん”)の意味
  • ”硬貨をまとめて棒状にしたもの”

スーパーやコンビニなどのレジで釣り銭が不足している際に、店員さんがセロファンで巻かれた棒状の硬貨をジャラジャラと崩す様子を、みなさんも見たことがあるでしょう。

あの棒状の硬貨のことを「棒金」と呼ぶのです。

「棒金」の硬貨の枚数は1本50枚

「棒金」の硬貨の枚数は、一般的には1本50枚だとされています。

したがって、「棒金」1本で1円玉だと50円分、5円玉だと250円分、10円玉だと500円分、50円玉だと2500円分、100円玉だと5000円分、500円玉だと25000円分となります。

「棒金」1本はおいくら?
  • 1円玉 = 50円分
  • 5円玉 = 250円分
  • 10円玉 = 500円分
  • 50円玉 = 2500円分
  • 100円玉 = 5000円分
  • 500円玉 = 25000円分

この知識は雑学として知っておいて損はないはず。

ちなみに、100円ショップで売られているプラスチック製の硬貨ケースに50枚入りが多いのは、この「棒金」の枚数を基準にしているのだとか。

実際に硬貨をまとめて棒状にしてみるとわかるのですが、100枚だと長すぎ、10枚だと短すぎます。

いずれの硬貨においても、なるほど50枚という枚数が一番扱いやすいことがわかります。

「棒金」は銀行で両替すると入手できる

「棒金」は、基本的に銀行で両替を行うと入手することができます。

以前は紙で巻かれていましたが、最近ではセロファンで巻かれている「棒金」が主流です。

「棒金」の同義語・類義語

「棒金」の同義語・類義語にはどのような言葉があるでしょうか?

「棒金」に似た言葉としては、ストレートに「ビニールで包んだ硬貨」や、「包装硬貨」などといった言葉が挙げられます。

「棒金」の同義語・類義語
  • 「ビニールで包んだ硬貨」
  • 「包装硬貨」

いずれにせよ、ビジネスパーソンにとって「棒金」という言葉は、雑学として意味を知っておいて損はない言葉のひとつです。

以上、「棒金」の意味についての説明でした。みなさんの参考になれば幸いです。

※本記事は2016年12月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。


関連記事

ビジネス系の記事やニュースで見聞きする機会も多い「ハードカレンシー」「キーカレンシー」「ソフトカレンシー」「ローカルカレンシー」という言葉。 なんだかややこしくて混乱してしまうのですが、ここでは、それぞれの言葉の意...
「A社の担当者には仁義を切っておいてくれよ」「仁義を切らなかったからトラブルが大きくなったんだよ」......。 なんだか物騒な表現ですが、クリエイティブな業界では意外とよく聞く「仁義を切る」という言葉。ビジネスシ...
ま、まえかぶ?あ、あとかぶ? 取引先と飲食店で商談をして、さぁお会計!課長から経費で落とせるから領収書を忘れずにもらってくるようにと指示されている新入社員のA君。 「領収書お願いします!宛先は〇〇商事で!」と...