1字異なるだけで大違い!「債務」と「債権」の一般的な意味とは?

1字異なるだけで大違い!

「A社は12月26日、『債務』整理を○山○三弁護士に一任した」「老舗電機メーカーB社は、新たに最大数百億円規模の損失を計上する可能性があり、『債務』超過転落や上場廃止危機に直面している」……。

このようにビジネス系の記事でもよく用いられる「債務」と「債権」という言葉。

「どっちがどっちだっけ?」と考えてしまうビジネスパーソンも少なくないはず。

そこで、ここではビジネスパーソンが最低限知っておきたい、それぞれの言葉の一般的な意味を再確認してみたいと思います。


1字異なるだけで大違い!「債務」と「債権」の意味とは?

ボクは債権者!


「債」の字の意味とは?

ちなみに、どちらの言葉にも用いられている「債」の字は、”支払うべきお金”や、”借金”などといった字義を持ちます。

「債」(読み方:”さい”)の字義
  • ”支払うべきお金”
  • ”借金”

例えば、「負債」は”借金(=【債】)を背【負】うこと”という意味を持つ言葉です。

「債務」の一般的な意味とは?

そして「債務」とは、”期日までにお金、あるいは借金(=【債】)を払う義【務】”のことになります。

「債務」(読み方:”さいむ”)の一般的な意味
  • ”期日までにお金、あるいは借金(=【債】)を払う義【務】”

「債務」と「債権」の意味がわかりづらいという人は、「債務」は”義【務】”である点を思い出すとよいでしょう。

「債務」を用いた言葉の例

「債務」を用いた言葉には、次のようなものがあります。

「債務」を用いた言葉の例
  • 債務者
     ⇒お金や借金を支払う側(=借り手)
  • 債務額
     ⇒支払うべきお金や借金の額
  • 連帯債務
     ⇒複数の債務者が、同一の内容の債務について独立して全責任を負うこと
  • 多重債務(者)
     ⇒複数から借り入れをしていること(人物)
  • 債務整理
     ⇒法的整理や私的整理により、債務額の圧縮、支払方法の変更などをすること
  • 債務不履行
     ⇒支払うべきお金や借金を支払わないこと
  • 債務保証
     ⇒第三者が債務者(の債務履行)を保証すること
  • 債務超過
     ⇒企業などで債務が資産を上回った状態

これらの言葉はビジネス系の記事のみならず、金銭貸借など各種契約書類でもよく見ますね。

「債権」の一般的な意味とは?

一方の「債権」には、どのような意味があるのでしょうか。

「債権」には、”期日までにお金、あるいは借金(=【債】)を払ってもらう【権】利”という意味があります。

「債権」(読み方:”さいけん”)の一般的な意味
  • ”期日までにお金、あるいは借金(=【債】)を払ってもらう【権】利”

繰り返しますが、「債権」は”【権】利”と理解することがポイントです。

「債権」を用いた言葉の例

「債権」を用いた言葉の例も見てみましょう。

「債権」を用いた言葉の例
  • 債権者
     ⇒お金や借金を支払ってもらう側(=貸し手)
  • 債権額
     ⇒支払ってもらうべきお金や借金の額
  • 債権管理
     ⇒支払ってもらうべきお金や借金を管理すること
  • 債権回収
     ⇒支払ってもらうべきお金や借金を回収すること
  • 債権譲渡
     ⇒お金や借金を支払ってもらう権利を第三者に譲ること
  • 債権放棄
     ⇒お金や借金を支払ってもらう権利を放棄すること

以上のような言葉があります。

「債務」と「債権」の同義語・類義語

「債務」に似た言葉には「借金」や「負債」、「期日までに支払うべき金額」などといった言葉があります。

「債務」の同義語・類義語
  • 「借金」
  • 「負債」
  • 「期日までに支払うべき金額」

一方、「債権」に似た言葉には「融資」や「期日までに支払ってもらうべき金額」などといった言葉があります。

「債権」の同義語・類義語
  • 「融資」
  • 「期日までに支払ってもらうべき金額」

いずれにせよ、「債務」と「債権」という言葉はビジネスシーンでもよく用いられる言葉なので、社会人の常識として、一般的な意味を知っておきたいところ。

1字異なるだけで大違いなのが「債務」と「債権」という言葉です。

以上、「債務」と「債権」の一般的な意味についての説明でした。参考になれば幸いです。

「債務」と「債権」について深く知る参考リンク

※本記事は2016年12月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。