「和魂洋才」の意味とは…「和魂漢才」と一緒に覚える!

日本に融合させるための工夫

「和魂洋才」という四字熟語は、現代に生きる私たちに重要な示唆を与えてくれる言葉だとされます。


「和魂洋才」の意味とは…「和魂漢才」も覚えたい!

和魂洋才とは?


「和魂洋才」の読み方と意味とは?

まずは、それぞれの漢字の意味の確認から。

  • 「和」=”日本”
  • 「魂」=”精神”
  • 「洋」=”西洋”
  • 「才」=”優れたもの”

このようになります。

そして、「和魂」は”日本特有の精神”、「洋才」は”西洋の優れたもの(例えば学問や技術、制度)”という意味があります。

「和魂洋才」とは、”日本人特有の精神を堅持しつつ、西洋の優れた学問や技術、制度、文化などを取り入れていくこと”を意味する言葉です。

「和魂洋才」(読み方:”わこんようさい”)の意味
  • ”日本人特有の精神を堅持しつつ、西洋の優れた学問や技術、制度、文化などを取り入れていくこと”

明治時代に登場した「和魂洋才」という言葉

「和魂洋才」という言葉は、明治時代に登場した言葉です。

明治期以降の日本では、様々な分野で欧米の学問や技術、制度、文化を導入してきたのは、みなさんもご存じの通り。

そして、それらが導入される際には、日本人の価値観に合うようにアレンジされて日本社会に融合させる工夫がなされてきました。

そのような欧米の学問や技術、制度、文化を日本に融合させるための工夫や、結果としてできたものを指して「和魂洋才」と呼びます。

現代の日本に生きる私たちに「和魂洋才」が大事な理由

一般的に「和魂洋才」という言葉は、現代の日本に生きる私たちにも、重要な示唆を与えてくれる言葉だとされています。

一部のメディア、特にリベラル系の新聞の主張で顕著なことですが、「欧米ではこうだから」「北欧だとこうだから」と、他国の制度や文化を無条件で日本へ導入するよう主張していることがあります。

確かに「グローバル化」「国際化」の時代においては、例えば会計制度など、欧米基準や世界基準に合わせることが必要な制度もあります。しかしその一方で、例えば行き過ぎた権利の主張や要求など、日本人の固有の価値観にそぐわない制度や文化もあり、無条件で導入するには疑問に思えるものも多々あるのです(余談ですが、リベラル系の新聞のそのような主張を見ていると、彼らが別に主張している「多様性」とかけ離れているのはないかと思えることもあります)。

すなわち、他国の制度や文化を導入する際に、日本の事情や日本人特有の精神をふまえたうえで、アレンジを加える必要がある制度や文化も存在するのです。

というわけで、現代の日本に生きる私たちが、他国の制度や文化を日本へ導入する前に立ち止まって思い出したい言葉、主体性を失わないためにも思い返したい言葉、それが「和魂洋才」ではないでしょうか。

一緒に覚えたい「和魂漢才」という四字熟語

ちなみに「和魂【洋】才」と似た四字熟語に「和魂【漢】才」(読み方:”わこんかんさい”)があります。

もうおわかりでしょうが、「洋」が”欧米”を指すのに対し、「漢」は”中国”を意味します(「【漢】字」「【漢】方」「【漢】文」といった言葉もありますね)。

  • 「洋」=”西洋”
  • 「漢」=”中国”

そう、元々は「和魂【漢】才」という言葉が先にあったのです(一説では菅原道真の言葉だとされています)。

「和魂【漢】才」には、”中国の学問を学ぶことも大切だが、日本人固有の精神を忘れてはならない”という意味があります。

「和魂漢才」(読み方:”わこんかんさい”)の意味
  • ”中国の学問を学ぶことも大切だが、日本人固有の精神を忘れてはならない”
  • ※菅原道真(すがわらの みちざね)の言葉だという説がある
学問の神様・菅原道真も経験したという「左遷」。「左遷」という言葉には、いったいどのような意味があるのでしょうか? どうやらビジネスパーソンとしては経験したくないことのようですが......。 「左遷」...

みなさんも学生時代に歴史で学習してきたように、昔から日本には中国から数多くの制度や文化が伝わりました。

私たちの祖先は、中国から伝わってきた多くの制度や文化を、日本人固有の精神を忘れずに日本に合うよう工夫して取り入れてきたのです。

「和魂【洋】才」は、この「和魂【漢】才」という言葉を元に、日本に多くの西洋文化が伝わった明治期に発明された言葉です。

社会人の雑学知識としては、「和魂【洋】才」と一緒に「和魂【漢】才」を知っておいて損はないでしょう。

「和魂洋才」の同義語・類義語

同義語・類義語についても考えてみましょう

「和魂洋才」に似た言葉には”日本と西洋のよいところを組み合わせること”を意味する「和洋折衷」、それから、”日本人固有の精神”を意味する「大和魂」などといった言葉があります。

「和魂洋才」の同義語・類義語
  • 「和洋折衷」
  • 「大和魂」
「横浜には、和風と洋風の要素を『折衷』した明治期の建築物が数多く残っている」「市は駅の高架化に関して、有識者で作った素案にこだわらず、地域住民の意見と折り合いを付けた『折衷』案を年内に提案する考えを示した」........

以上、「和魂洋才」の意味と使い方についての説明でした。

繰り返しますが、現代の日本に生きる私たちが、他国の制度や文化を日本へ導入する前に立ち止まって思い出したい言葉、日本人としての主体性を失わないためにも思い返したい言葉、それが「和魂洋才」なのです。

「和魂洋才」について深く知る参考リンク

※本記事は2017年10月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。