合意形成はとっても大事!「コンセンサス」の意味と使い方とは?

合意形成はとっても大事!

「社内で事前に『コンセンサス』作りをしておくことが重要だ」「X社の決算は、市場『コンセンサス』並みの水準で着地した」……。

このようにビジネス系の記事やビジネスシーンで見聞きする機会も多い「コンセンサス」という言葉。

なんだか少し難しい言葉のようですが、いったいどのような意味があるのでしょうか?


合意形成はとっても大事!「コンセンサス」の意味と使い方とは?

まずは社内でコンセンサスを得ないと……


英単語 consensus に由来するカタカナ語「コンセンサス」

私たちがビジネスシーンでよく目にする「コンセンサス」は、英語の consensus を語源とする言葉。consensus には”意見の一致”や”総意”といった意味があります。

英単語 consensus の意味
  • ”意見の一致”、”総意”

大学受験レベルに相当する英単語なので、知っている人も多いかもしれません。

カタカナ語「コンセンサス」の意味とは?

そして本題となるカタカナ語の「コンセンサス」。

基本的に”合意”や”合意形成(に至る過程)”という意味で用いられます。

もう少し簡単な表現で考えると”同意”あたりになるでしょう。

いずれにせよ、(議論などを通じて)利害関係者の意見の一致、共通認識の形成を図ることを「コンセンサス」と呼ぶわけです。

カタカナ語「コンセンサス」の意味 ①
  • ”合意”
  • ”合意形成(に至る過程)”
  • ”同意”

政治関連の記事など、文脈によっては、”事前調整”や”根回し”といった意味合いが強くなることもあります。

また、株式市場や為替市場に関する記事では、”アナリストによる予想の平均”という意味で用いられます。

カタカナ語「コンセンサス」の意味 ②
  • ”(株式市場や為替市場における)アナリストによる予想の平均”

基本的な使い方

基本的には次のような使い方をします。

カタカナ語「コンセンサス」の基本的な使い方
  • コンセンサスを得る(得られない)
  • コンセンサスを図る(図れない)
  • コンセンサスをとる
  • コンセンサス作りをする

具体的な使い方(文例)

具体的な文例で確認しましょう。

カタカナ語「コンセンサス」を用いた具体的な文例
  • 商品配送料金の変更について顧客と意見交換をしてきたが、 「コンセンサス」を得ることは難しかった。
  • 能力型賃金体系を導入する際には、社内で事前に「コンセンサス」作りをしておくことが重要だ。
  • 与党と連立政権を組む〇×党の代表は、政府が検討している消費税の増税について「我々と与党がそれなりに『コンセンサス』を図っていくことが大事だ」と述べた 。
  • アメリカの中央銀行であるFRB(米連邦準備制度理事会)が、追加利上げを実施することは、市場の「コンセンサス」として折込済みである。
  • アメリカの新規失業保険申請件数の予想「コンセンサス」は24万件となっている。
  • X社の決算は、営業利益は約900億円で前期比約20%増益、会社計画850億円を上回り、市場「コンセンサス」並みの水準で着地した。

このように用いられます。

同義語・類義語

同義語・類義語にはどのような言葉があるでしょうか?

「コンセンサス」に似た言葉には、「合意」や「合意形成」、「同意」、「意見の一致」、「事前調整」、「根回し」などといった言葉があります。

「コンセンサス」の同義語・類義語
  • 「合意」
  • 「合意形成」
  • 「同意」
  • 「意見の一致」
  • 「事前調整」
  • 「根回し」

言うまでもなくビジネスの世界では合意形成は大事なこと。

「コンセンサス」という言葉はビジネスシーンでもよく用いられる言葉なので、意味を理解しておきたいところです。

以上、「コンセンサス」の意味と使い方についての説明でした。みなさんの参考になれば幸いです。

「コンセンサス」について深く知る参考リンク

※本記事は2017年10月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。