「是正」の意味と使い方とは…「改善」との違いは?

”悪いところを正すこと”

「長時間労働の『是正』」「『是正』を求める」「『是正』勧告」……。

このようにニュース記事などで頻繁に目にする「是正」という言葉。いったいどのような意味や使い方があるのでしょうか?


さぁ、タイムカードを先に押してから残業しようか?


「是正」の読み方と意味とは?

まずは言葉の読み方と意味の確認から。

「是正」の読み方は、”ぜせい”

意味は、”悪いところを正すこと”になります。

「是正」(読み方:”ぜせい”)の意味
  • ”悪いところを正すこと”

「是」と「正」は、いずれも”正しいこと”という意味を持つ漢字です(「是」は「是非」や「是々非々」といった言葉をイメージするとよいでしょう)。

「改善」との意味の違い

ちなみに「是正」に似た言葉には、「改善」があります。

「改善」の基本的な意味は「是正」と同じで、”悪いところを正すこと”になるのですが、どちらかというと”今までの悪いところを改めて、より良くしていこう”、あるいは”さらに良いものにしよう”、といった前向きでポジティブなイメージが伴います。

一方の「是正」は、例えば企業が厚生労働省や労働基準監督署、公正取引委員会など監督官庁から行政指導を受ける際に用いられるように、”悪い状態を改めて普通の状態にする”、やや後ろ向きでネガティブなイメージが伴います(また、”バランスのとれていないものをバランスのとれた状態に戻す”といったイメージもあります)。

「改善」と「是正」の意味の違い
  • 「改善」
     =”今までの悪いところを改めて、より良くしていこう”
     =”さらに良いものにしよう”
     ⇒(どちらかというと)前向きなイメージが伴う
     (例)「待遇を改善する」「利益率を改善する」
  • 「是正」
     =”悪い状態を改めて普通の状態にする”
     =”バランスのとれていないものをバランスのとれた状態にする”
     ⇒(どちらかというと)後ろ向きなイメージが伴う
     (例)「労基から是正勧告を受ける」「貿易不均衡の是正」

基本的な使い方

基本的な使い方(基本パターン)も見てみましょう。

基本的には、以下のような表現で用いられます。

「是正」の基本パターン
  • 是正する(しない)
  • 是正を求める(要求する / 申し入れる)
  • 長時間労働(貿易不均衡 / 格差)の是正
  • 是正の動き
  • 是正勧告(指導)
  • 是正措置(処置)

”悪いところを正すこと”、さらに言えば、”悪い状態を改めて普通の状態にすること”が求められる際に、これらの表現が使用されます。

具体的な文例

具体的な文例で確認しましょう。

「是正」を用いた具体的な文例
  • 今後、多くの企業においては、働き方改革の実現に向けて長時間労働の「是正」を検討していくことが重要となるだろう。
  • 近年、多くの企業では、非正規雇用の社員にも賃上げやキャリアアップ支援を実施するなど、正規雇用の社員との格差を「是正」する動きが見られる。
  • A社は、社員に違法な長時間労働をさせたとして、労働基準監督署から労働基準法違反で「是正」勧告を受けた。
  • 自社のプライベートブランド商品を製造する下請け業者から、商品案内作成代や新店協賛金などを受け取っていたコンビニエンスストア大手B社に対し、公正取引委員会は、下請法違反(下請代金の減額の禁止)であるとして「是正」勧告を発した。
  • 訪日中のアメリカ大統領は、日米首脳会談の席上において、年数百億ドルにのぼる対日貿易赤字の「是正」を求めた。
  • 政府は在京韓国大使館に対し、平昌五輪の公式ホームページに掲載されている世界地図に日本列島が記載されていないことを指摘し、早急な「是正」を申し入れた。

このように用いられます。言葉が持つイメージを理解できたでしょうか。

同義語・類義語

同義語・類義語についても考えてみましょう。

似た言葉には、先ほども紹介した「改善」や「悪いところを正すこと」といった言葉があります。

「是正」の同義語・類義語
  • 「改善」
  • 「悪いところを正すこと」

まとめ

ここまでの内容をまとめます。

まとめ
  • 「是正」の意味は、”悪いところを正すこと”
  • ”悪い状態を改めて普通の状態にする”、”バランスのとれていないものをバランスのとれた状態に戻す”といった、やや後ろ向きなイメージが伴う
  • 「是正勧告」や「是正措置」などの表現で用いられる

いずれにせよ、「是正」という言葉はニュース記事などで頻繁に目にする言葉なので、社会人の常識として意味を知っておきたいところです。

以上、「是正」の意味と使い方についての説明でした。ビジネスパーソンのみなさんの参考になれば幸いです。

「是正」について深く知る参考リンク

※本記事は2017年11月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。