社会人として最低限知っておきたい「インフレ」と「デフレ」の意味と違いとは?

Mediamodifier / Pixabay

「総需要がー総供給がー」「マネーサプライの増加がー減少がー」「CPI(消費者物価指数)がー」……。

「インフレ」と「デフレ」について学ぼうとすると、経済学の専門用語がたくさん出てきて頭が痛くなるもの。

でも大丈夫。経済学部出身者でも、イマイチ理解してない人が少なくありません。

そこで、ここでは社会人として最低限知っておきたい「インフレ」と「デフレ」の意味と違いについて解説します。安心してください、専門用語はほとんど使いません

社会人として最低限知っておきたい「インフレ」の意味とは?

まず先に「インフレ」の意味から。

「インフレ」とは、インフレーション(英語:Inflation)の略。

”モノやサービスの値段(=物価)が、じわじわと(=持続的に)上昇する現象”のことです。

「インフレ」(英語:Inflation)の意味
  • ”モノやサービスの値段(=物価)が、じわじわと(=持続的に)上昇する現象”

それほど難しくありませんね。

ここでは「インフレ」を Price Inflation として扱う

モノやサービスの値段が上昇する理由

「インフレ」の意味を知ったところで、モノやサービスの値段が上昇する理由についても少し考えてみましょう。

モノやサービスの値段が上昇する理由には諸説ありますが、とりあえずは需要が供給を上回っているからと考えれば、まず問題ありません。

なぜ需要が供給を上回るとモノやサービスの値段が上昇するか……。身近な例だとネットオークションがあります。ネットオークションでは、その商品を欲しい人が多ければ多いほど落札価格が上昇しますね。やや乱暴ですが、モノやサービスの値段が上昇する仕組みはこれと同じです。

モノやサービスの値段が上昇する理由
  • 需要が供給を上回っているから
     ⇒モノやサービスを買いたいという人が多い
     ⇒モノやサービスを売る側は値上げする

つまり「インフレ」とは、モノやサービスを欲がる人が多い状態であるともいえます。

ゆるやかな「インフレ」は社会にとって好ましい

「インフレ」に話を戻しましょう。年数%程度の物価上昇を引き起こすゆるやかな「インフレ」は社会にとって好ましいことだとされています。

なぜなら、ゆるやかな「インフレ」状態にある場合、企業が利益を生みやすく、賃金に還元(賃金の上昇)され人々の生活が豊かになりやすい、また企業が雇用に意欲的になるため、失業率も低下しやすいと考えられているからです。

ゆるやかに物価が上昇しても同様にゆるやかに賃金も上昇し、モノやサービスを欲がる人のほうが多い状態がゆるやかに続けば、社会にとって持続的な経済成長が見込めるというわけです。

ですからビジネスパーソンとしては、ゆるやかな「インフレ」状態は悪いことではない、むしろよいことだ(とされている)と考えておくとよいでしょう。

経済学者・岩田規久男氏らの説による

知っておいて損はない「インフレ」に関連した用語

「インフレ」に関連した用語をいくつか紹介します。

知っておいて損はない「インフレ」に関連した用語
  • インフレターゲット
     =政府や中央銀行が「インフレ」率の目標を定め、金融政策を行うこと。新聞などでよく目にする。
  • ハイパーインフレ
     =ものすごい「インフレ」が起きてしまうこと(例:ジンバブエ)。もう最悪である。
  • スタグフレーション
     =景気停滞期(stagnation)に「インフレ」(inflation)が起きてしまうこと。もう最悪である。

「インフレ」を用いた具体的な例文

実際の例文で確認しましょう。

「インフレ」を用いた具体的な例文
  • ハンガリー国立銀行は中期「インフレ」ターゲットを3%前後に設定している。この設定率はヨーロッパの中では若干高い数字である
  • 「インフレ」率が2ケタ以上に高くなるのは、社会に確実に悪影響を及ぼす。
  • ジンバブエで起きたハイパー「インフレ」は、2008年時点で年率220万%というすさまじいものであった。
  • 過度の「インフレ」を収束させるためには、政府が金融引き締めを行い貨幣価値を安定させる政策をとる

ゆるやかであれば社会にとってよいことだけど、度が過ぎてしまうと社会に悪影響を及ぼしてしまうもの、それが「インフレ」です。

「インフレ」のまとめ

以上をまとめましょう。

「インフレ」のまとめ
  • 「インフレ」とは、”モノやサービスの値段(=物価)が、じわじわと(=持続的に)上昇する現象”のこと
  • モノやサービスの値段が上昇する理由は需要が供給を上回っているから
  • ゆるやかな「インフレ」状態は悪いことではない、むしろよいことだ(とされている)

いかがでしょうか。

「インフレ」が起き、モノやサービスの値段、すなわち物価が上昇することは嫌なことだと感じる人が多いかもしれませんが、ゆるやかな「インフレ」状態であれば、社会にとって好ましいことだとされている点はビジネスパーソンとして知っておきましょう。

社会人として最低限知っておきたい「デフレ」の意味とは?

次は「デフレ」の意味。

「デフレ」とは、デフレーション(英語:Deflation)の略。

「インフレ」とは逆に”モノやサービスの値段(=物価)が、じわじわと(=持続的に)下落する現象”のことです。

「デフレ」(英語:Deflation)の意味
  • ”モノやサービスの値段(=物価)が、じわじわと(=持続的に)下落する現象”

「デフレ」は景気の後退期や不況期に起きやすいとされています。

「デフレ」の定義にはさまざまな説がある

モノやサービスの値段が下落する理由

モノやサービスの値段が下落する理由についても考えてみましょう。モノやサービスの値段が下落する理由は「インフレ」と逆で需要が供給を下回っているから。モノやサービスを欲しがる人が少なくなるのです。

モノやサービスを欲しがる人がいないと、モノを売ったりサービスを提供している人たちは困ってしまいます。そこで彼らは今までよりも値段を下げて売るようになります。値段を下げると少しは買いたいという人が出てくる……。それならということでモノを売ったりサービスを提供している人たちは我先に値段を下げるようになります。そして価格競争が起きてしまうのです。

モノやサービスの値段が下落する理由
  • 需要が供給を下回っているから
     ⇒モノやサービスを買いたいという人が少ない
     ⇒モノやサービスを売る側は値下げする

というわけで、「デフレ」とはモノやサービスを欲がる人が少ない状態であると言えます。

「デフレ」は基本的に社会にとって好ましくない

ここまで聞いて、「モノやサービスの価格が下がる『デフレ』ってなんだかいいんじゃね?『デフレ』サイコー!フォー!」と中には感じるビジネスパーソンもいるはず。

でもそう考えるのは、あなたが消費者としての立場にのみ立っているから。それではまだまだ「木を見て森を見ず」の状態です。

ゆるやかな「インフレ」状態にある場合、企業が利益を生みやすく、賃金に還元(賃金の上昇)され人々の生活が豊かになりやすい、また企業が雇用に意欲的になるため、失業率も低下しやすいと説明しましたね。簡単に言えば「デフレ」状態ではこの逆のことが起きるのです。

モノやサービスの値段の下落、需要の縮小は企業から利益を奪います。価格競争という名のチキンレースは企業を疲弊させ、企業は現金の流出を恐れ、禁断の果実である賃金カットやボーナスカット、さらには雇用の縮小を行うかもしれません。一つの業界であれば影響も少ないかもしれませんが、社会全体がこのようになってしまったら……。

実際に”失われた10年”と呼ばれる1990年代前半から2000年代前半にかけては、このような状況にあったのです。

ですからビジネスパーソンとしては、「デフレ」が続くことは基本的に社会にとって好ましくないと考えておくとよいでしょう。

知っておいて損はない「デフレ」に関連した用語

「デフレ」に関連した用語も紹介します。

知っておいて損はない「デフレ」に関連した用語
  • デフレスパイラル
     =物価の下落による企業収益の圧迫が雇用の縮小、家計所得の減少を生み、さらには消費を減少させていく一連の流れ

「デフレ」を用いた具体的な例文

実際の例文で確認しましょう。

「デフレ」を用いた具体的な例文
  • 2001年3月、日本政府は日本経済が「緩やかな『デフレ』」状態であることを正式に認めた
  • 不況が深刻化すると、企業は賃金カットをはじめとする人件費抑制に手をつけるため、「デフレ」は一段と進みやすくなる
  • 小泉純一郎による構造改革は、結果的に需要の落ち込みを促進させ、「デフレ」を長期化させたという意見もある
  • 「デフレ」マインドとは、将来にわたって景気が低迷し物価や賃金が下がり続けるのではないかという意識が社会全体に蔓延していることだ
  • 第二次世界大戦後に「デフレ」現象が実際に起こった国は、1990年代以降の日本以外にないとされている

「デフレ」のまとめ

以上をまとめます。

「デフレ」のまとめ
  • 「デフレ」とは、”モノやサービスの値段(=物価)が、じわじわと(=持続的に)下落する現象”のこと
  • モノやサービスの値段が下落する理由は「インフレ」と逆で需要が供給を下回っているから
  • 「デフレ」が続くことは基本的に社会にとって好ましくない

2000年代の不況期の日本においては、100円を切るハンバーガーの登場、牛丼の安売り競争、スーパーの価格競争、激安小売店の隆盛などがありました。これらのことはあくまで消費者の立場として考えるなら歓迎されるべきことなのですが、ビジネスパーソンであれば(少し大げさですが)「社会にとってはどういった影響を与えるのか」を考えたいところです。

以上、「インフレ」と「デフレ」の意味と違いについての説明でした。

いずれにせよ、「インフレ」と「デフレ」の意味と違いはビジネス上の会話でもよく用いられる言葉なので、社会人の常識として意味を知っておきたいところです。

ビジネスパーソンのみなさんの参考になれば幸いです。

「インフレ」と「デフレ」について深く知る参考リンク
※本記事は2018年10月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。