挨拶文の前文や末文で大活躍!「ご健勝」の意味と使い方とは?

「皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます」「皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます」……。

挨拶文などのビジネス文書を書く際やスピーチを行う際に、知っておくと便利なのが「ご健勝」の表現です。

ここでは「ご健勝」の意味と使い方を解説します。


挨拶文の前文や末文で大活躍!「ご健勝」の意味と使い方とは?

「健勝」の意味とは?

まずは「健勝」という言葉の読み方と意味の確認から。

「健勝」の読み方は”けんしょう”。

「健勝」には、”身体や心が健(すこ)やかであること””元気であること”といった意味があります。ちなみに『広辞苑』では、”(相手の)健康がすぐれてすこやかなこと”と定義されています。

いずれにせよ、「健勝」=”健康”と覚えておくと理解しやすいでしょう。

「健勝」(読み方:”けんしょう”)の意味
  • “身体や心が健(すこ)やかであること”
  • “元気であること”

このような意味を持つ「健勝」は、手紙文やスピーチにおいて「ご健勝(御健勝)」という形で好んで用いられます。

「ご健勝」を用いると、相手の健康を祝ったり願うことを表現できるのです。

前文と末文での「ご健勝」の基本的な使い方

「ご健勝」は”健康”の丁寧な表現として、手紙文の文章中で使われることも少なくありませんが、挨拶文などのビジネス文書では主に前文と末文で使用されます。

前文では「ご健勝のこととお慶(よろこ)び申し上げます」のように「お慶び」を後に続けるパターンが多く用いられ、末文では「ご健勝をお祈りします」のように「祈(いの)る」と後に続けるパターンが多く用いられます。

「ご健勝」の基本パターン
  • ご健勝のこととお慶び申し上げます(前文)
  • ご健勝をお祈りします(末文)

この他にも「ご健勝にてなによりと存じます」(前文)のような表現もあります。

前文と末文での「ご健勝」の文例

「ご健勝」を用いた具体的な文例を見てみましょう。

まず前文での具体的な文例から。「ご健勝」は拝啓などの頭語、時候の挨拶の後に続けます。

「ご健勝」の文例(前文)
  • 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 春暖の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

「ご健勝」には、「ますます(益々)」を添えるケースを多く見ます。

続いて末文での具体的な文例です。

「ご健勝」の文例(末文)
  • 皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます。
  • 皆様のご健勝とご多幸をお祈りいたします。
  • 皆様のご健勝とますますのご発展をお祈り申しあげます。
  • 皆様のご健勝とますますのご活躍をお祈り申し上げます。
  • 末筆ではございますが、今後の皆さまのご健勝とご多幸を陰ながらお祈りしております。

末文では、「ご健勝」に加えて「ご健勝とご多幸」「ご健勝とご発展」「ご健勝とご活躍」のような表現も好まれます。

「ご健勝」の同義語・類義語-「ご清祥」と「ご清栄」

手紙文で用いられる「ご健勝」に似た表現には、”相手が健康に過ごしていることを祝う”気持ちを表す「ご清祥(御清祥)」があります(「ご清栄(御清栄)」は”相手の繁栄を祝う”点に主眼が置かれるので、少し意味が異なってきます)。

余談ですが、挨拶文などビジネス文書においては、個人相手には”相手の健康を祝ったり願う”「ご健勝」や「ご清祥」が好まれ、会社など団体相手には”相手の繁栄を祝う”「ご清栄」が好まれるともされています。

天皇陛下のお言葉の中で用いられる「ご健勝」

「ご健勝」という言葉は、天皇陛下のお言葉の中でも用いられます。

以下の文章は、天皇陛下が晩餐会で述べられたお言葉からの抜粋です。

この度の私どもの訪問が、両国国民の相互理解と友好の絆を一層強めることに資することを深く願い、ここに大統領閣下並びに御姉上の御健勝と、フィリピン国民の幸せを祈り、杯を挙げたいと思います。

-2016年1月、フィリピンを訪問し晩餐会に出席された天皇陛下のお言葉より

以上、「ご健勝」の意味と使い方についての説明でした。参考になれば幸いです。

※本記事は2016年5月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。