ゴシップ系のネット記事でよく見る「リーク」の意味とは?

「リーク」=”(意図的に)情報を漏らすこと”

「今回のA社の不祥事は、関係者からの『リーク』が端緒となり発覚した」「先日明らかになったB氏のスキャンダルでは、B氏に近い人物が週刊誌に情報を『リーク』したとみられている」……。

このようにニュース記事や芸能記事を読んでいると、頻繁に「リーク」というカタカナ語が登場します。

このカタカナ語には、いったいどのような意味があるのでしょうか?


ゴシップ系のネット記事でよく見る「リーク」の意味とは?

あの野郎、2ちゃんねるに書いたろ……


英単語 leak のキーワードは”漏れる”、”漏らす”

私たちがゴシップ系のネット記事などでよく目にする「リーク」というカタカナ語は、英単語 leak を語源とする言葉です。

英単語のレベルとしては大学受験レベルの英単語なので、見たことがある聞いたことがあるという人も多いかもしれません。

この英単語の leak には、動詞だと”(水など)が漏れる”、名詞だと”漏れること”あるいは”(意図的に)情報を漏らすこと”といった意味があります。

英単語 leak のキーワードは”漏れる””漏らす”だと覚えておけば、まず間違いありません。

英単語 leak の意味
  • 動詞-”(水など)が漏れる”
  • 名詞-”漏れること””(意図的に)情報を漏らすこと”
    ”漏れる””漏らす”がキーワード

カタカナ語「リーク」の意味とは?

カタカナ語として用いられる「リーク」には、主に”(意図的に)情報を漏らすこと”という意味があります。

簡単に言えば”チクリ”のこと。少しかたく言えば”情報提供””内部告発”といった言葉になるでしょう。

カタカナ語「リーク」の意味
  • ”(意図的に)情報を漏らすこと”
  • ”チクリ”
  • ”情報提供”
  • ”内部告発”

基本的な使い方

続いて基本的な使い方を見てみましょう。

例えば「関係者からの『リーク』」と表現すれば、関係者が”(意図的に)情報を漏らす”、すなわち”チクリ”を入れた、もしくは”情報提供”、”内部告発”をしたということになります。

「リーク」の基本的な使い方
  • 「関係者からの『リーク』」
    ⇒ 関係者が”(意図的に)情報を漏らす”

たいていの場合において、情報を「リーク」するのは事情をよく知る内部関係者、情報が「リーク」される先は新聞や雑誌といったメディアという関係になります。

芸能人にせよ企業にせよ、様々なニュース記事でゴシップが話題になる場合には、事情をよく知る内部関係者による情報の「リーク」が取材の端緒となります。

企業の不祥事であれば、その企業に勤める従業員や退職した従業員、取引先などが新聞や雑誌といったメディアに情報提供するわけです。

様々な事情で名前を出せない”関係者”や”事情通”のこと 「『消息筋』によると、B国はC国産製品に対しダンピング判定を行い、報復関税を賦課する可能性があるという話だ」......。 このようにニュースでも見聞きする機会が多い「消息...

具体的な使い方(文例)

具体的な使い方(文例)も見てみましょう。

カタカナ語「リーク」を用いた具体的な文例
  • 今回のA社の不祥事は、関係者からの「リーク」が端緒となり発覚した。
  • 先日明らかになったB氏のスキャンダルでは、B氏に近い人物が週刊誌に情報を「リーク」したとみられている。

このように用いられます。言葉が持つイメージを理解できたでしょうか。

同義語・類義語

同義語・類義語についても考えてみましょう。

「リーク」に似た言葉としては、例えば先ほど挙げた「チクリ」や「内部告発」、「情報提供」、それから「告げ口」などがあります。

「リーク」の同義語・類義語
  • 「(意図的に)情報を漏らすこと」
  • 「チクリ」
  • 「内部告発」
  • 「情報提供」
  • 「告げ口」

「リーク」という言葉は様々なニュース記事でよく用いられる言葉なので、社会人の常識として意味を知っておきたいところです。

いずれにせよ芸能人や企業経営者でなくとも、情報を「リーク」される側にはなりたくないものですね。

以上、「リーク」の意味と使い方についての説明でした。ビジネスパーソンのみなさんの参考になれば幸いです。

「リーク」について深く知る参考リンク

※本記事は2016年6月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。