マーケティング用語「AIDMA(アイドマ)の法則」と「AISAS(アイサス)理論」の意味と違いとは?

マーケティングにおけるフレームワーク

ビジネスシーンでも聞く機会が多い「AIDMA(アイドマ)の法則」「AISAS(アイサス)理論」

どちらもマーケティング用語であり、似たような文字が並ぶ言葉ですが、微妙に意味が異なります。

そこで、ここでは「AIDMAの法則」と「AISAS理論」の意味と違いを確認したいと思います。


マーケティング用語「AIDMA(アイドマ)の法則」と「AISAS(アイサス)理論」の意味と違いとは?

似ているけれど違う


「AIDMA(アイドマ)の法則」とは?

まずは「AIDMA(アイドマ)の法則」から。

「AIDMAの法則」とは、1920年代にアメリカで活躍したサミュエル・ローランド・ホールが提唱した消費行動プロセスのこと。

消費者は、以下のような5つの消費行動プロセスをとるとし、それぞれの行動の頭文字から「AIDMAの法則」と名付けられました。

「AIDMA(アイドマ)の法則」における5つの消費行動プロセス
  • Attention - 商品への注意が喚起される
  • Interest - 商品に興味・関心を持つ
  • Desire - 商品を購買したい欲求を持つ
  • Memory - 商品の記憶が強化される
  • Action - 実際に商品を購買する

さらに、この5つの消費行動プロセスは《 Attention →認知段階、Interest・Desire・Memory →感情段階、Action →行動段階》と大きく3つに分かれます。

ちなみに「AIDMAの法則」は、「AIDMA法」や「AIDMA理論」とも呼ばれます。

「AISAS(アイサス)理論」とは?

「AISAS(アイサス)理論」は、2004年に大手広告代理店の電通により提唱された消費行動プロセスのこと。

インターネット時代の到来に合わせ「AIDMAの法則」の一部をアレンジし、特に e コマースにおける消費行動プロセスの典型を示したものです。

「AISAS(アイサス)理論」における5つの消費行動プロセス
  • Attention - 商品への注意が喚起される
  • Interest - 商品に興味・関心を持つ
  • Search - パソコンやスマホで商品を検索する
  • Action - 実際に商品を購買する
  • Share - 商品の情報を共有する

「AIDMAの法則」と同様に、それぞれの行動の頭文字をとって「AISAS理論」と名付けられました。

「AIDMAの法則」と「AISAS理論」の違い

「AIDMAの法則」も「AISAS理論」もマーケティングにおけるフレームワークです。

「AIDMAの法則」を用いたプロモーション計画は、テレビや新聞、雑誌といった従来のメディアの活用を前提としたものです。

一方の「AISAS理論」は、インターネット時代の到来に合わせてアレンジされたフレームワークであり、インターネットを用いたプロモーション計画において有効であるとされています。

したがって、スマートフォンの普及率が高まり、さらには各種ニュースメディアや SNS がテレビや新聞、雑誌といった従来のメディア以上に影響力を持ちはじめている現在の状況において、各企業では「AISAS理論」をフレームワークとして用いることが主流になっているようです。

しかしながら、「AIDMAの法則」は、特に耐久消費財(例えば住宅や自動車、電気製品など)のように、消費者が商品を実際に購入するまで検討を重ねる期間が長くなる商品ほど有効なフレームワークである点も知っておきたいところです。

以上、「AIDMAの法則」と「AISAS理論」の意味と違いについての説明でした。参考になれば幸いです。

※本記事は2016年7月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。