日本語の「一里塚」も同じ意味!?「マイルストーン」の意味とは?

”重要な節目”のこと

「新技術の採用は、ひとつの重要な『マイルストーン』となった」「プロジェクトのスケジュール進行における『マイルストーン』」……。

このようにビジネス系の記事やビジネスシーンで見聞きする機会も多い「マイルストーン」という言葉。

「マイルストーン」には、いったいどのような意味があるのでしょうか?


日本語の「一里塚」と同じ意味!?「マイルストーン」の意味とは?

1マイルって何km?


英単語 milestone に由来するカタカナ語「マイルストーン」

私たちがビジネスシーンでよく目にする「マイルストーン」は、英語の milestone を語源とする言葉です。

英単語 milestone は大学受験レベルに相当する英単語なので、知っている人も多いでしょう。

英単語 milestone には、”1マイル(約1.6km)ごとに設置された標識”、そして、この意味から派生した”(歴史上の)画期的な出来事”という意味があります。

英単語 milestone の意味
  • “1マイル(約1.6km)ごとに設置された標識”
  • “(歴史上の)画期的な出来事”

カタカナ語「マイルストーン」の意味とは?

カタカナ語「マイルストーン」は、主に”重要な節目”という意味で用いられます。

例えば、企業が画期的な新製品を発表した際に「マイルストーン」という言葉が用いられれば、”画期的な出来事”を意味することがほとんどです。

また、プロジェクトの進捗管理において「マイルストーン」という言葉が用いられれば、それは”重要なチェックポイント”を意味します。

カタカナ語「マイルストーン」の意味
  • “重要な節目”
    ⇒ ① “画期的な出来事”(新製品の発表など)
    ⇒ ② “重要なチェックポイント”(プロジェクトの進捗管理など)

ちなみに日本語にも「一里塚」という言葉があります。江戸時代、”街道などで約4kmごとに設置された目印となる塚”のことなのですが、この「一里塚」も、「マイルストーン」と同様の意味で使われています。

「プロジェクトの『進捗』率はどうなっている?」「作業の『進捗』状況を報告する」......。 ビジネスシーンで見聞きする機会が多い「進捗」という言葉。いったいどのような意味や使い方があるのでしょうか? 「進捗」の読み方と...

「マイルストーン」の使い方(文例)

ビジネスシーンにおいて「マイルストーン」はどのように用いられるのでしょうか。

具体的な文例を見てみましょう。

「マイルストーン」の文例 ①
  • A社は今回の製品を発表することで、新たな「マイルストーン」に到達した。
  • B社とC社の提携は、両社にとって大きな「マイルストーン」となった。
  • 部品生産への新技術の採用は、ひとつの重要な「マイルストーン」となった。
  • 営業利益100億円達成は、我が社にとって大変重要な「マイルストーン」である。

これらの文で用いられている「マイルストーン」は、”重要な節目”、特に”画期的な出来事”という意味で用いられています。

「マイルストーン」の文例 ②
  • プロジェクトのスケジュール進行における「マイルストーン」
  • プロジェクト全体に「マイルストーン」を設ける。
  • プロジェクトの「マイルストーン」に向けて話し合いを続ける。

この場合の「マイルストーン」は、”重要なチェックポイント”を意味します。

「マイルストーン」の同義語・類義語

「マイルストーン」の同義語・類義語にはどのような言葉があるでしょうか?

「マイルストーン」に似た言葉には、上でも挙げたように「一里塚」「画期的な出来事(新製品の発表など)」「チェックポイント(プロジェクトの進捗管理など)」などといった言葉があります。

「マイルストーン」の同義語・類義語
  • 一里塚
  • 画期的な出来事(新製品の発表など)
  • チェックポイント(プロジェクトの進捗管理など)

いずれにせよ、「マイルストーン」という言葉はビジネスシーンでもよく用いられる言葉なので、社会人の常識として意味を知っておきたいところです。

以上、「マイルストーン」の意味と使い方についての説明でした。参考になれば幸いです。

「マイルストーン」について深く知る参考リンク

※本記事は2016年8月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。