ポイントは”少しずつ”!「漸増」「漸減」の読み方と意味とは?

「A社の有利子負債が『漸増』している」「貯蓄残高は『漸減』傾向が続いている」……。

ビジネス系の記事やビジネス文書でも見る機会の多い「漸増」と「漸減」という言葉。

これら「漸増」と「漸減」という言葉には、いったいどのような意味があるのでしょうか?


ポイントは少しずつ!「漸増」「漸減」の読み方と意味とは?

この部分が「漸増」しているんですね


「漸増」と「漸減」の読み方と意味とは?

「漸増」と「漸減」の読み方は、それぞれ”ぜんぞう”と”ぜんげん”。

「漸」という漢字は、”少しずつ”や”だんだんと”という字義を持っています。

したがって「漸増」は”少しずつ増えていくこと”、「漸減」は”少しずつ減っていくこと”という意味になります。

「漸増」と「漸減」の意味
  • 「漸増」(読み方:”ぜんぞう”)=”少しずつ増えていくこと”
  • 「漸減」(読み方:”ぜんげん”)=”少しずつ減っていくこと”

単に「増加」「減少」と表記するのに比べ、「漸増」や「漸減」と表記することで、”少しずつ”増えたり減ったりしている様子を表すことができます。

「漸増」と「漸減」のポイントは、”少しずつ”という点です。

「漸増」と「漸減」の使い方(基本パターン)

「漸増」と「漸減」という言葉の基本パターンについても見てみましょう。

「漸増」と「漸減」の基本パターン
  • 漸増(漸減)する
  • 漸増(漸減)している
  • 漸増(漸減)傾向にある

このように使用します。

「漸増」と「漸減」の文例

「漸増」と「漸減」という言葉の具体的な文例も見てみましょう。

ある数値が変化する様子を見た際に、数値が”少しずつ”増えたり減ったりしている場合、「漸増」や「漸減」という言葉が用いられます。

「漸増」と「漸減」の文例
  • A社の有利子負債が「漸増」している。
  • エネルギー価格は「漸増」傾向で推移している。
  • 天然ゴムの輸入量は「漸増」傾向にある。
  • 女性ホルモンの分泌量は20代でピークを迎えて「漸減」していく。
  • 勤労者の貯蓄残高は「漸減」傾向が続いている。
  • 交通事故による死亡者数は「漸減」傾向にある。

この他にも医療の分野では、薬を”少しずつ”増やしたり減らしたりすることに対し、「漸増」や「漸減」という言葉を使います。

「漸増」と「漸減」の同義語・類義語

「漸増」と「漸減」に似た言葉には「逓増」(読み方:”ていぞう”)「逓減」(読み方:”ていげん”)があります。

いずれも「漸増」「漸減」同様に”少しずつ増えていくこと”、”少しずつ減っていくこと”といった意味を持ちます。

いずれにせよ、「漸増」と「漸減」のポイントは、”少しずつ”という点を知っておきたいところです。

以上、「漸増」と「漸減」の読み方と意味についての説明でした。参考になれば幸いです。

※本記事は2016年7月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。