やっぱりやめます!「翻意」の意味と使い方とは?

「翻意」=”以前の考えを変えること”

「監督が直接A選手を説得し、引退を『翻意』させた」「同業他社と経営統合する話もあったが、相手企業が寸前で『翻意』したため頓挫した」……。

このように、様々なシチュエーションでよく用いられる「翻意」という言葉。

この言葉には、いったいどのような意味や使い方があるのでしょうか?


やっぱりやめます!「翻意」の意味と使い方とは?

や、やっぱりやめます


「翻意」の読み方と意味とは?

まずは先に「翻意」という言葉の読み方と意味の確認から。

「翻意」の読み方は”ほんい”。少し難しい読み方をする言葉なので注意しましょう。

「翻」の字に送りがなをふると「翻(ひるがえ)す」になります。「翻す」とは、”以前の言動とは反対のことをする”ことです。また「意」とは”気持ち””考え”のこと。ちなみに「意」を用いた熟語には「意志」や「決意」があります。

「翻」と「意」の意味
  • 「翻」⇒「翻(ひるがえ)す」=”以前の言動とは反対のことをする”
  • 「意」=”気持ち””考え”

すなわち「翻意」とは、”以前の気持ちや考えを変えること”という意味の言葉となるわけです。

簡単に言えば、”やっぱりやめます”ということですね。

「翻意」(読み方:”ほんい”)の意味
  • ”以前の気持ちや考えを変えること”

みなさんも経験したことがある気持ちや考えの変化。それを少し難しく表現すると「翻意」という言葉になります。

「翻意」の基本的な使い方

続いて基本的な使い方(基本パターン)を見てみましょう。

基本的には「翻意する」や「翻意させる」という表現で用いられます。

「翻意」の基本パターン
  • 翻意する(させる)
  • 翻意を促す

「翻意」の具体的な文例

具体的な文例についても見てみましょう。

繰り返しますが「翻意」の意味は”以前の気持ちや考えを変えること”です。

「翻意」を用いた具体的な文例
  • 監督が直接A選手を説得し、引退を「翻意」させた。
  • 退団の意思を示していたB選手だったが、最近になって「翻意」し残留が決まった。
  • 大会で優勝することで、プロ入りに大反対していた父親を「翻意」させた。
  • 同業他社と経営統合する話もあったが、相手企業が寸前で「翻意」したため頓挫した。

このように用いられます。言葉のイメージをつかめたでしょうか。

「翻意」の同義語・類義語

同義語・類義語についても考えてみましょう。

「翻意」に似た言葉には「撤回」や「決心を変えること」「態度を変えること」などといった表現があります。

「翻意」の同義語・類義語
  • 「撤回」
  • 「決心を変えること」
  • 「態度を変えること」

いずれにせよ、「翻意」という言葉は様々なシチュエーションでよく用いられる言葉なので、社会人の常識として読み方や意味を知っておきたいところです。

以上、「翻意」の意味と使い方についての説明でした。ビジネスパーソンのみなさんの参考になれば幸いです。

※本記事は2016年8月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。