ほめ言葉として使ってはダメ!?「風見鶏」の意味と使い方とは?

「A氏は政局によって言葉や態度が『風見鶏』のように変化する」「状況に応じて『風見鶏』のように意見を変えることで知られるD氏だが、周囲からの人気は高い」……。

このように、特に政治関連のニュースで見聞きする機会が多い「風見鶏」という言葉。

いったいどのような意味や使い方があるのでしょうか?


ほめ言葉として使ってはダメ!?「風見鶏」の意味と使い方とは?

部長の風見鶏っぷり、素敵ですね!


「風見鶏」の読み方と意味とは?

まずは読み方と意味の確認から。

「風見鶏」の読み方は”かざみどり”。

元々は、ヨーロッパ各地で屋根の上に取り付けられている”鶏(にわとり)の形をした風向計”を指す言葉です(ちなみに魔除けとしての役割もあるのだとか)。

風向きによりクルクル回る鶏の姿から、日本語では”状況により言動を変える人や組織”に対して「風見鶏」という言葉を用います。

「風見鶏」(読み方:”かざみどり”)の意味
  • “鶏(にわとり)の形をした風向計”
  • “状況により言動を変える人や組織”

どちらかといえば、ポジティブなイメージというよりも、ネガティブなイメージを伴って用いられることが多い言葉です。

「政界の『風見鶏』」というあだ名がつけられた中曽根元首相

このように「風見鶏」という言葉が、”状況により言動を変える人や組織”と言う意味で広く一般的に用いられるようになったのは、中曽根元首相(首相在任期間:1982年~1987年)がマスメディアから「政界の『風見鶏』」というあだ名をつけられてからではないかとされています。

「風見鶏」の具体的な使い方(文例)

「風見鶏」という言葉を用いた具体的な文例についても見てみます。

政治関連のニュースでは次のように使われます。

「風見鶏」を用いた具体的な文例 ①
  • A氏は政局によって言葉や態度が「風見鶏」のように変化する。
  • 所属する政党を次々と変えてきたB氏は、「政界渡り鳥」や「政界『風見鶏』」と揶揄されている。
  • 何ごとにも節操がないC国の外交姿勢は、「『風見鶏』外交」と言ってもよいだろう。

相手を”からかうこと” 「A社長は、独裁者のようだと周囲から『揶揄』されている」「新聞記者は、ネットの世界をおままごとの世界だと『揶揄』した」......。 このようにニュース記事など様々なシチュエーションで見聞きする「揶揄」と...

続いて一般的に用いられるケース。

「風見鶏」を用いた具体的な文例 ②
  • 状況に応じて「風見鶏」のように意見を変えることで知られるD氏だが、周囲からの人気は高い。
  • 時流を読み事業ドメインを変えてきたE社は、「IT業界の『風見鶏』」とも呼ばれる。
  • あのコメンテーターは相手によって意見がコロコロ変わり、まるで「風見鶏」のようだ。

このように「風見鶏」という言葉は用いられますが、やはりどこかネガティブなイメージを伴っています。

政治の世界や一般的な人間関係においては、日本人のメンタリティとして意見を変えないことや筋を通すことが好まれるため、「風見鶏」的な態度に対して否定的な評価が与えられることが多いようです。

ビジネスの世界で「風見鶏」的な態度をとるのは悪いことなの?

しかし変化が激しいビジネスの世界において、特に経営者やリーダーが”状況により言動を変える”ことは決して悪いことではありません。

むしろ意見を変えないことや筋を通すことよりも、ビジネス環境に応じて”言動を変える”ことが評価されることも少なくないでしょう。

ただ、だからといって、ほめ言葉として「風見鶏」という言葉を用いることは避けたほうが無難です。

“状況により言動を変える”ことをポジティブに評価したい際には、「臨機応変」や「柔軟」などの表現を用いるとよいかもしれません。

「風見鶏」の同義語・類義語

同義語・類義語にはどのような言葉があるでしょうか?

「風見鶏」に似た言葉には、「八方美人」や「日和見(主義)」、「節操がない」、「朝令暮改」、(イソップ童話から)「こうもり」などといった言葉があります。いずれもネガティブなイメージを伴う言葉です。

ポジティブなイメージを伴う言葉としては、先ほど挙げた「臨機応変」や「柔軟」などの言葉があります。

「風見鶏」の同義語・類義語
  • 「八方美人」
  • 「日和見(主義)」
  • 「節操がない」
  • 「朝令暮改」
  • (イソップ童話から)「こうもり」
「会議で『日和見』な態度をとる」「『日和見』ばかりしていると周囲から信頼を失う」......。 社会人になると聞く機会が増える「日和見」という言葉。 この「日和見」という言葉には、いったいどのような意味があるのでしょうか? ...
「日本人はお寺で祖先の墓参りをする一方で、クリスマスを祝ったり、お正月は神社に初詣に行ったりと、良く言えば宗教に寛容、悪く言えば『節操がない』とされている」......。 このように様々なシチュエーションで見聞きする「節操」という言葉...

いずれにせよ、「風見鶏」という言葉は社会人の常識として意味を知っておきたいところです。

以上、「風見鶏」の意味と使い方についての説明でした。参考になれば幸いです。

「風見鶏」について深く知る参考リンク

※本記事は2016年8月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。