控え目で真面目な態度!「殊勝」の意味と使い方とは?

「殊勝」=”控え目で真面目な態度”のこと

「救助活動を評価されたD氏は『殊勝』な面持ちで感謝状を受け取った」「大先輩を目の前にして、選手たちは『殊勝』な態度を見せていた」……。

このように様々なシチュエーションで用いられる「殊勝」という言葉。

この言葉には、いったいどのような意味や使い方があるのでしょうか?


控え目で真面目な態度!「殊勝」の意味と使い方とは?

ありがとうございます!みなさんのおかげです!


読み方と意味は?

まずは先に言葉の読み方と意味の確認からしましょう。

「殊勝」の読み方は”しゅしょう”

特に人の態度や様子を表す言葉で、”健気(けなげ)で感心な様子”や、”控え目で真面目な態度”といった意味を持ちます。

「殊勝」(読み方:”しゅしょう”)の意味
  • ”健気(けなげ)で感心な様子”
  • ”控え目で真面目な態度”

ちなみに健気とは”気丈に振る舞う様子”という意味を持つ言葉です。

読み方は”けなげ” 「病気の母親を毎日『健気』に見舞う男子小学生の姿に、病院スタッフの中には涙を流すものもいた」「昔の少女漫画では、『健気』で一途な少女が主人公となるケースが多かった」......。 このように使われる「健気」と...

比較的ポジティブなイメージを伴う言葉であり、特に目上の人物が相手の”控え目で真面目な態度”を好意的に評価する際によく用いられます。

どのようなシチュエーションで使う?

「殊勝」という言葉が、どのような状況で用いられるのか考えてみましょう。

例えばプロ野球のヒーローインタビュー。

普段はオラオラ系で個人プレーや粗暴な言動が目立つ選手が活躍し、ヒーローインタビューで「今日の試合で活躍できたのは、監督、選手、そしてファンのみなさんのおかげです」と控え目で真面目な様子でインタビューに答えれば、翌日のスポーツ新聞には「A選手は、いつになく『殊勝』な態度であった」と書かれることでしょう。

基本的な使い方

続いて基本的な使い方(基本パターン)を見てみましょう。

基本的には「殊勝な態度」や「殊勝なコメント」、「殊勝に話す(語る)」などといった表現で用いられます。

「殊勝」の基本パターン
  • 殊勝な態度
  • 殊勝なコメント
  • 殊勝に話す(語る)

具体的な文例

具体的な文例についても見てみましょう。

繰り返しますが、「殊勝」の意味は”健気(けなげ)で感心な様子”や、”控え目で真面目な態度”です。

「殊勝」を用いた具体的な文例
  • 優勝したB選手は「サポートしてくれた周囲の人々に感謝している」と「殊勝」に話した。
  • 大記録を打ち立てたC選手は「常にベストを尽くしているだけ」と「殊勝」に語った。
  • 救助活動を評価されたD氏は「殊勝」な面持ちで感謝状を受け取った。
  • E氏にしては珍しく「殊勝」な発言に周囲は驚いた。
  • 大先輩を目の前にして、選手たちは「殊勝」な態度を見せていた。
  • 祖父は私の友人の態度を「殊勝」だとほめた。

このように用いられます。言葉が持つイメージを理解できたでしょうか。

同義語・類義語

同義語・類義語にはどのような言葉があるでしょうか?

「殊勝」に似た言葉には、先ほど意味の部分でも紹介した「健気(けなげ)」や「感心」、そして「控え目」、「真面目」などといった言葉があります。

「殊勝」の同義語・類義語
  • 「健気(けなげ)」
  • 「感心」
  • 「控え目」
  • 「真面目」

いずれにせよ「殊勝」という言葉は様々なシチュエーションでよく用いられる言葉なので、社会人の常識として意味を知っておきたいところです。

ビジネスパーソンとしては日頃から「殊勝」な態度を心がけたいものですね。

以上、「殊勝」の意味と使い方についての説明でした。ビジネスパーソンのみなさんの参考になれば幸いです。

「殊勝」について深く知る参考リンク

※本記事は2016年9月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。