人間の本性は善なのか悪なのか?「性善説」と「性悪説」の意味の違いとは?

「商品を試着したまま店の外に出て着心地を確かめられるサービスは、『性善説』に基づいて実施されている」「情報漏洩(ろうえい)を防ぐためには、『性悪説』に基づく厳格なセキュリティ管理をしなければならない」……。

このようにビジネス系の記事やビジネスシーンでもよく用いられる「性善説」と「性悪説」という言葉。

いったいどのような意味の違いや使い方があるのでしょうか?


人間の本性は善なのか悪なのか?「性善説」と「性悪説」の意味の違いとは?

人間の本性とは?


「性善説」と「性悪説」の読み方と意味とは?

「性善説」と「性悪説」、それぞれの読み方は”せいぜんせつ”と”せいあくせつ”。

いずれの言葉も、元々は古代中国で活躍した儒家が生み出した概念(「性善説」は孟子、「性悪説」は荀子)です。

現在では、「性善説」は”人間の本性は基本的に善である”(⇒だから”放っておいても悪事を行わない”)、「性悪説」は”人間の本性は基本的に悪である”(⇒だから”放っておくと悪事を行ってしまう”)という意味で多く用いられています。

「性善説」(読み方:”せいぜんせつ”)と
「性悪説」(読み方:”せいあくせつ”)の意味
  • 性善説=”人間の本性は基本的にである”
      ⇒だから”放っておいても悪事を行わない”
  • 性悪説=”人間の本性は基本的にである”
      ⇒だから”放っておくと悪事を行ってしまう”

さらに言えば、”人を信用する”のが「性善説」、”人を信用しない”のが「性悪説」だとも言えるでしょう。

本来の意味と異なった意味で用いられている「性善説」と「性悪説」

実は、現在使われている「性善説」と「性悪説」という言葉は、古代中国の儒家(孟子と荀子)が本来唱えた意味とかなり異なった意味で用いられています。

しかし、現在の意味は新聞記事でも頻繁に使われるなど、それはそれで市民権を得て広く一般的に用いられているため、一概に間違いであると言い切ることができません。

ただ、大学受験などで儒家(儒教)の教えを学ぶ際には、本来の意味を知る必要があります。本来の意味を知りたい人は、一番下の《参考リンク》を参照してください。

「性善説」と「性悪説」の基本的な使い方(文例)

実際に、「性善説」と「性悪説」を用いた具体的な文例を見てみましょう。

先に「性善説」の文例から。

“人間の本性は基本的に善である”(⇒だから”放っておいても悪事を行わない”)という意味で用いられている点に注目してください。

「性善説」を用いた具体的な文例
  • 商品を試着したまま店の外に出て着心地を確かめられるサービスは、「性善説」に基づいて実施されている。
  • 生活保護の不正受給を絶つには「性善説」に基づく行政の対応を根本から見直さなけれぱならない。
  • 社員マネジメントにおいて「性善説」の立場をとることは、楽観的な考え方であり不正も起こりやすくなるという意見がある。
  • 輸入肉の虚偽表示をしたスーパーが「性善説」に基づいてレシートなしで返金に応じた際には、なりすまし客が続出し、偽装表示をして売った販売額の3倍以上の金額を店側が支払う事態に陥った。

続いて「性悪説」の文例。

「性悪説」は”人間の本性は基本的に悪である”(⇒だから”放っておくと悪事を行ってしまう”)という意味でしたね。

「性悪説」を用いた具体的な文例
  • 情報漏洩(ろうえい)を防ぐためには、「性悪説」に基づく厳格なセキュリティ管理をしなければならない。
  • サイバーセキュリティーの分野では「性悪説」を採用すべきだという意見も多い。
  • 欧米では、「従業員は放っておくと悪事を働く」という「性悪説」に基づいた企業経営を行う経営者も多い。
  • 「性悪説」に基づいた厳格化なマネジメント手法は、あまり日本の企業文化に馴染まないという意見もある。

現在では、このように「性善説」と「性悪説」という言葉は用いられています。

余談ですが、文例にもあるように「性悪説」は日本の企業文化や日本人のメンタリティには、やや馴染まないものでもあるようです。

いずれにせよ「性善説」と「性悪説」という言葉は、ビジネス系の記事やビジネスシーンでもよく用いられる言葉なので、社会人の共通言語として(現在使用されている)意味を知っておきたいところです。

以上、「性善説」と「性悪説」の意味の違いと使い方についての説明でした。参考になれば幸いです。

「性善説」と「性悪説」について深く知る参考リンク

※本記事は2016年9月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。