意外と知らない「対談」「鼎談」「座談」の意味の違いと使い方とは?

「世界的に活躍する指揮者と人気作家の『対談』」「大学教授と二人の新聞記者による『鼎談』」「留学経験者による『座談会』が開かれた」……。

様々な記事でよく用いられる、これら「対談」「鼎談」「座談」という言葉。

いったいどのような意味の違いや使い方があるのでしょうか?


意外と知らない「対談」「鼎談」「座談」の意味の違いと使い方とは?

三人だったら鼎談(ていだん)


「対談」「鼎談」「座談」の読み方と意味とは?

まずは「対談」「鼎談」「座談」の読み方と意味の確認からしましょう。

それぞれの読み方は”たいだん”、”ていだん”、”ざだん”。

「対談」には”二人で向かい合って話し合うこと”、「鼎談」には”三人で向かい合って話し合うこと”、「座談」には”何人かで向かい合って話し合うこと”という意味があります。

「対談」「鼎談」「座談」の意味の違い
  • 「対談」(読み方:”たいだん”)
     =”二人で向かい合って話し合うこと”
  • 「鼎談」(読み方:”ていだん”)
     =”三人で向かい合って話し合うこと”
  • 「座談」(読み方:”ざだん”)
     =”何人かで向かい合って話し合うこと”

二人なら「対談」、三人なら「鼎談」、それ以上なら「座談」になるわけです。

「トリ(tri)」がポイント! 「今年はヨコハマ『トリエンナーレ』が開催される年です」「あいち『トリエンナーレ』は、2010年から開催されている」......。 このようにニュースでよく見聞きする「トリエンナーレ」という言葉、い...

それぞれの漢字の意味を考えると理解しやすい

それぞれの言葉は、使われている漢字の意味を考えると理解しやすいでしょう。

例えば「対談」に使われている「対」の漢字には、”二つで一組になる”という意味などがあり、「二」という数字がキーワードになります。

同様に「鼎談」に使われている「鼎」(読み方:”かなえ”)は、古代中国で用いられた”三つの足を持つ器”を意味し、「三」という数字がキーワード。「鼎立」(読み方:”ていりつ”)という言葉は、”三つの勢力が並び立つ状態”を指すのです。

また「座談」に使われている「座」の漢字は、何人かが集まって行う”集会”や会合”という意味があります。

「対談」「鼎談」「座談」の基本的な使い方(文例)

「対談」「鼎談」「座談」を用いた具体的な文例についても見てみましょう。

最初は「対談」から。

「対談」を用いた具体的な文例
  • 世界的に活躍する指揮者と人気作家の「対談」。
  • 二人の「対談」は和やかなムードで始まった。

続いて「鼎談」。

「鼎談」を用いた具体的な文例
  • 大学教授と2人の新聞記者による「鼎談」。
  • 3人で「鼎談」をしたいという申し出があった。

最後は「座談」。「座談」よりも「座談会」という表現でよく用いられます。

「座談」を用いた具体的な文例
  • 留学経験者による「座談会」が開かれた。
  • 男女6人による「座談会」。

このように各々の言葉は用いられます。

いずれにせよ、「対談」「鼎談」「座談」、これらの言葉の意味の違いは知っておいて損はないでしょう。

以上、「対談」「鼎談」「座談」の意味の違いと使い方についての説明でした。参考になれば幸いです。

「対談」「鼎談」「座談」について深く知る参考リンク

※本記事は2016年9月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。