意外と知らない「陳謝」の意味と使い方とは?

「A社は、広告が未掲載だったにもかかわらず広告主に料金を請求していた問題について、『架空請求である』と《陳謝》した」「C社の燃費不正問題が明らかになった直後、同社の社長は記者会見を開き、経緯を説明して《陳謝》した」……。

このようにビジネス系の記事やビジネスシーンでもよく用いられる「陳謝」という言葉。

実は、単に”謝罪をすること”という意味だけでなく、もう一つ重要な意味が含まれている点に注意して用いたい言葉なのです。


意外と知らない「陳謝」の意味と使い方とは?

え、陳謝したつもりなんだけど違うんですか……


「陳謝」の読み方と意味とは?

まずは読み方と意味の確認から。

「陳謝」の読み方は”ちんしゃ”。

“事情や経緯を説明したうえで謝罪すること”という意味を持ちます。

「陳謝」(読み方:”ちんしゃ”)の意味
  • “事情や経緯を説明したうえで謝罪すること”

ただ謝るだけでは「陳謝」ではない

そう、「陳謝」とは”謝罪をすること”に加えて、”事情や経緯を説明”という意味が含まれている点に注意したい言葉なのです。

ですから事情や経緯を説明せず、ただ「すみませんでした」と謝っただけでは、「陳謝」とは言わないのです。

ポイントは「陳」の字

「陳謝」のポイントは「陳」の字。

「陳」の字には”述べる”という意味があります。

「陳謝」以外で「陳」の字を用いた熟語には、「陳述」や「陳情」といったものがありますが、いずれの言葉にもやはり”事情や経緯を説明”という意味が含まれています。

「陳」の字を用いた熟語
  • 「陳述」 = “口頭で事情や経緯を説明すること”
  • 「陳情」 = “目上の人物に事情や経緯を説明し善処を求めること”

「陳謝」を用いた具体的な文例

「陳謝」を用いた具体的な文例についても見てみましょう。

基本的には「陳謝する(した)」という表現で用いられます。

「陳謝」を用いた具体的な文例
  • A社は、広告が未掲載だったにもかかわらず広告主に料金を請求していた問題について、「架空請求である」と《陳謝》した。
  • 創業家との内紛が続くB社の社長が記者会見をし、「私自身の拙速な対応が一因だ」と経営の混乱を《陳謝》した。
  • C社の燃費不正問題が明らかになった直後、同社の社長は記者会見を開き、経緯を説明して《陳謝》した。
  • 水道水に灯油が混入していた問題で、灯油が漏れたとされる宿泊施設の関係者が記者会見し、「多くの方々に迷惑をかけ心の底からおわび申し上げます」と《陳謝》した。
  • 外務省の政務官を務めるD氏が、同省が環太平洋連携協定( TPP )の協定文書を誤訳したことに関し、「大変なご迷惑とご心配をお掛けしている」と《陳謝》した。
  • E市が駅の南側に整備する構想だったコンベンション施設を白紙撤回したことについて、市長は市議会で経緯を説明し、「見送る決断をせざるを得なかった点について、おわび申し上げたい」と《陳謝》した。

このように用いられます。

文例から”事情や経緯を説明”している点が読み取れるでしょうか。

いずれにせよ、ビジネスパーソンとしては、単に「謝罪」をするよりも「陳謝」したほうがよいのかもしれませんね。

以上、「陳謝」の意味と使い方についての説明でした。参考になれば幸いです。

※本記事は2016年10月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。