「忌憚のない意見」って?「忌憚」の意味と使い方とは?

「我が社が抱える諸課題について『忌憚』のない意見を交換してほしい」「業界を取り巻く環境について『忌憚』のない意見を述べてほしい」……。

このようにビジネスシーンでもよく用いられる「忌憚」という言葉。

いったいどのような意味や使い方があるのでしょうか?


「忌憚のない意見」って?「忌憚」の意味と使い方とは?

部長、忌憚のないご意見を伺いたいのですが……


「忌憚」の読み方と意味とは?

まずは「忌憚」という言葉の読み方と意味の確認からしましょう。

「忌憚」の読み方は”きたん”。

「忌」の字は”避けること”、「憚」の字は”遠慮すること”や”憚(はばか)ること”という意味。

というわけで、「忌憚」の意味は、”(相手に)遠慮して(特定の話題などを)避けること”になります。

「忌憚」(読み方:”きたん”)の意味
  • “(相手に)遠慮して(特定の話題などを)避けること”

基本的な使い方

「忌憚」という言葉は、基本的に後ろに否定語句を伴って使用されます。

特に「忌憚のない(意見 / ご意見)」や「忌憚なく(話し合う / 話してほしい)」が、ビジネスシーンでよく使われる表現です。

「忌憚」の基本パターン
  • 「忌憚のない(意見 / ご意見)」
  • 「忌憚なく(話し合う / 話してほしい)」

「『忌憚のない意見』を述べてほしい」とはどういう意味?

例えば会議で、進行役の人物や目上の人物が「『忌憚のない意見』を述べてほしい」と言うケース。

これは、”(遠慮することなく)率直な意見を述べてほしい”や、”(遠慮することなく)ざっくばらんに意見を述べてほしい”という意味があります。

「『忌憚のない意見』を述べてほしい」の意味
  • “(遠慮することなく)率直な意見を述べてほしい”
  • “(遠慮することなく)ざっくばらんに意見を述べてほしい”

さらに就任会見などで、このような表現が用いられた場合には、(あくまで表面上ではありますが)周囲に対して「聞く耳を持つ」ことをアピールする効果があるでしょう。

目上の人物に「(何かを)教えてください」とお願いする際にも活躍する「忌憚」

「忌憚」という言葉は、目上の人物に「(何かを)教えてください」とお願いする際にも活躍します。

例えば……

  • 「忌憚のないご意見を伺いたい」
  • 「忌憚のないご意見をお聞かせください」
  • 「忌憚のないご意見をご教示いただければと思います」
  • このような表現として活用することができます。

    ビジネスシーンで使える「教えてください」の表現 先方に質問をしたいのだけれど、「先日の見積書の内容について『教えてください』」とメールしたらマズいかな......。 このようにビジネスシーン、特に電話やビジネスメールで相手に何か...

    「忌憚」を用いた具体的な文例

    具体的な文例についても見てみましょう。

    「忌憚」を用いた具体的な文例
    • 専務は「この会議では我が社が抱える諸課題について『忌憚』のない意見を交換してほしい」と語った。
    • 業界懇談会の冒頭で、A社の社長は「業界を取り巻く環境について『忌憚』のない意見を述べてほしい」と要望した。
    • 住民への説明会は「『忌憚』のない意見を聞きたい」ことを理由に非公開で行われた。
    • 大臣は「歴史認識問題について客観的な事実を『忌憚』なく話し合うべきだ」と述べた。

    このように用いられます。

    「忌憚」の同義語・類義語

    「忌憚」に似た言葉には「遠慮」があります。

    「忌憚」の同義語・類義語
    • 「遠慮」

    いずれにせよ、「忌憚」という言葉はビジネスシーンのみならず様々なシーンで用いられる言葉なので、社会人の常識として意味を知っておいて損はありません。

    以上、「忌憚」の意味と使い方についての説明でした。参考になれば幸いです。

    ※本記事は2016年10月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。