注意喚起でよく見る「不要不急」の意味と使い方とは?

ストレートに「大した用事がなければ」と言ってしまうと角が立つ

「外務省は、A国の政情が不安定となっていることを受けて危険情報を発表し、A国への『不要不急』の渡航を控えるように呼び掛けた」「大雪が続くB市の市長は、交通の混乱が続く状況を重くみて、自家用車での『不要不急』の外出を控えるよう市民に対して異例の要請を行った」……。

お役所関係、特に注意喚起の文で好んで用いられる「不要不急」という言葉。

いったいどのような意味や使い方があるのでしょうか?


注意喚起でよく見る「不要不急」の意味と使い方とは?

不要不急ってどんな意味?


「不要不急」の読み方と意味とは?

まずは言葉の読み方と意味の確認からしましょう。

「不要不急」の読み方は、”ふようふきゅう”。

「要」と「急」という漢字に、それぞれ否定の意味を表す「不」がついていますね。

「要」は「重【要】」、「急」は「【急】ぎ」と考えると理解しやすいでしょう。

つまり、「不要不急」とは、”重【要】ではない、【急】ぎではないこと(場合)”という意味を持つ言葉です。

「不要不急」(読み方:”ふようふきゅう”)の意味
  • ”重要ではない、急ぎではないこと(場合)”

基本的には、「不要不急の○○(外出 / 渡航など)」のように用いられます。

「不要不急」の基本パターン
  • 「不要不急の○○(外出 / 渡航など)」

身近なところでは、大雪が降ったり大型台風が上陸した場合に、ニュースでアナウンサーが「危険なので『不要不急』の外出は控えましょう」と視聴者に注意喚起します。

「『台風一過』の青空のもと、運動会は無事に開催された」……。このように用いられる「台風一過」という言葉。社内報などの文章で使用した経験のあるビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。 ここでは、この言葉の意味と使い方について少し...

ニュースやお役所関係で好んで用いられる「不要不急」

「不要不急」という言葉は、ニュースやお役所関係で好んで用いられる表現のひとつです。

例えば、冒頭で示した大雪に対する注意喚起。

本来ならば「大した用事がなければ危ないから車での外出は控えてね」と言いたいところですが、ストレートに「大した用事がなければ」と言ってしまうと、なにかと角が立つもの。

このようなケースでは、「自家用車での『不要不急』の外出は控えてほしい」と表すことで、角が立たない表現となるわけです。

「不要不急」の使用例
  • 大した用事がなければ危ないから車での外出は控えてね
  •   ↓

  • 自家用車での『不要不急』の外出は控えてほしい

もちろん、ニュースやお役所関係での注意喚起のみならず、ビジネスパーソンなら社内での連絡などにおいて、この「不要不急」という言葉を活用することができます。

お役所関連の文章でよく使われる言葉のひとつ 「非常『参集』訓練」「災害の際には、全職員が『参集』し対応にあたる」......。 このように、お役所関連の文章でよく見る言葉のひとつに「参集」というものがあります。 この言葉には、...

「不要不急」を用いた具体的な文例

実際に具体的な文例を見てみましょう。

「不要不急」を用いた具体的な文例
  • 外務省は、A国の政情が不安定となっていることを受けて危険情報を発表し、A国への「不要不急」の渡航を控えるように呼び掛けた。
  • 政情が不安定となったA国では、一般市民に対して夜間の「不要不急」の外出を規制する夜間外出禁止令が出された。
  • 110番や119番の受理件数のうち、緊急性が低い「不要不急」の通報が相当な割合を占めているという。
  • 気象庁は記者会見を開き、日本海側を中心に広い範囲で大雪となる恐れがあるとして、「不要不急」の外出を控えるよう警戒を呼び掛けた。
  • 大雪が続くB市の市長は、交通の混乱が続く状況を重くみて、自家用車での「不要不急」の外出を控えるよう市民に対して異例の要請を行った。
  • 戦争中の国内では、スイカなど果物の一部は「不要不急」の高級品として作付け制限されたという。

このように用いられます。

”戦争”の代わりに用いられることが多い言葉 「『有事』の際には、この島にも数十万人の難民が押し寄せてくると予測されている」「防衛省が用いる『有事』の概念は、一般的に自衛隊が防衛出動する事態を指しているとされている」......。 ...

「不要不急」の同義語・類義語

同義語・類義語にはどのような言葉があるでしょうか?

「不要不急」に似た言葉には「重要ではないこと(場合)」や「急ぎではないこと(場合)」、「緊急ではないこと(場合)」などといった言葉があります。

「不要不急」の同義語・類義語
  • 「重要ではないこと(場合)」
  • 「急ぎではないこと(場合)」
  • 「緊急ではないこと(場合)」

いずれにせよ「不要不急」という言葉は、社会人の常識として意味を知っておきたいところです。

以上、「不要不急」の意味と使い方についての説明でした。みなさんの参考になれば幸いです。

※本記事は2017年1月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。