「お通し」の意味とは…飲食店が「お通し」を出す目的とは?

「『お通し』はいらない」派の若者が増えている!?

「自分が頼んでもいないものが出てくるなんて意味がわからない!」「勝手に出てきてお金を取られるなんて信じられない!」

このように若者や訪日外国人観光客の間では「お通し」のシステムが不評なのだとか。

しかし飲食店が「お通し」を出す目的がわかれば、(もちろん賛否はあるでしょうが)「お通し」の存在意義について理解が深まるかもしれません。


「お通し」の意味とは…飲食店が「お通し」を出す目的とは?

イマドキお通しなんて、すっごくナンセンスじゃないですかぁ


「お通し」の意味とは?

まずは言葉の意味の確認からしましょう。「お通し」の読み方は”(お)とお(し)”。

「お通し」とは、”居酒屋など飲食店で、最初に出てくる簡単な料理(酒のつまみ)”のこと。「突き出し」や「口取」とも呼びます。

あらかじめ飲食店側がすぐに出せるよう用意してあるものであり、席に着いた際や、料理を注文をした直後に提供されます。

いつの間にかテーブルの上にある小皿に入った料理。あれが「お通し」です。

この「お通し」は残念ながら無料サービスではなく、飲食店により異なりますが、だいたい一人当たり500円程度(中には1000円を超えるケースもあるのだとか)の料金を請求されます。そして会計時には、通常の飲食代金に加えて支払いをしなければなりません。

「お通し」(読み方:”(お)とお(し)”)の意味
  • ”居酒屋など飲食店で、最初に出てくる簡単な料理(酒のつまみ)”
  • ※値段は一人当たり500円程度であり、無料サービスではない
    ※「突き出し」や「口取」とも呼ぶ

特にお酒を提供する居酒屋などで実施される、昔から存在しているシステムです。

飲食店が「お通し」を出す目的

でも、いったいなぜ「お通し」なるものが存在するのでしょうか?

飲食店が「お通し」を出す目的は、主に二つあります。

一つ目は、お客さんが注文した料理を提供するまでの酒のつまみとしての役割。みなさんもご存じでしょうが、お酒類はすぐに出すことができるものの、料理を提供するまでにはどうしても時間がかかってしまいます。そのようなときに、すぐ出せる「お通し」がとても役に立つのです。

そして二つ目は、飲食店の客単価を向上させる役割。一般的には「お通し」を出さないよりも出した方が、客単価の向上が見込めるとされています(「お通し」の原価は低く設定され、利益率が高いともされています)。

飲食店が「お通し」を出す目的
  1. 客が注文した料理を提供するまでの、酒のつまみとしての役割
  2. 飲食店の客単価を向上させる役割

このように「お通し」のシステムは、(一応は)双方にメリットがあるものなのです。

若者や訪日外国人観光客の間では「お通し」のシステムが不評!?

ところが、この「お通し」のシステム。最近の若者(いわゆるミレニアム世代)や訪日外国人観光客の間では不評なのだとか。

「自分が頼んでもいないものが出てくるなんて意味がわからない!」「勝手に出てきてお金を取られるなんて信じられない!」といった意見もあるのだとか。

確かに、コストパフォーマンスを求める最近の若者や、日本の文化を知らない訪日外国人観光客にとって、「お通し」というシステムは極めて不可解な存在なのかもしれません(一方で「じゃぁ君らは遊園地の『入場料』や携帯電話の『基本料金』に何で文句を言わないの?」や「外国の『チップ制度』の方が不可解じゃね?」といった意見もあるようですが……)。

しかし上記でも紹介したように、飲食店が「お通し」を出す目的がわかれば、(もちろん賛否はあるでしょうが)「お通し」の存在意義について理解が深まるかもしれません。

「デジタルネイティブでもある『ミレニアル世代』は、実店舗よりオンラインでの買物をする傾向が強い」「『ミレニアル世代』のIT起業家の多くは、世界にイノベーションを起こすことを目指している」......。 このようにビジネス系の記事やビジ...

「お通し」を出さない店や拒否できるお店もある

「お通し」のシステム自体は昔から存在したものですが、最近では「お通し」を出さない、あるいは拒否できる居酒屋チェーン店も増えてきました。

もし、はじめて訪問した居酒屋で「『お通し』はいらない」と考えれば、「『お通し』はナシにできますか?」と店員さんに聞くのもひとつの手。

ただ、お店のルールとして必ず「お通し」をつけるというところもあるので、ゴリ押しはしないようにしましょう。特に女性とのデートの際には「こいつケチくせえぇよ、マジケチくせえぇよ」とも思われかねないので注意が必要です。

また余談ですが、ビジネスパーソンの中には、そのお店の経営方針や本気度を確かめるために「お通し」をチェックするという人もいます。すなわち「お通し」のレベルが高ければ、そのお店は質が高い料理を出す、あるいは原価率を高く設定しているお店だと判断するわけです。

以上、「お通し」の意味、そして飲食店が「お通し」を出す目的についての説明でした。みなさんの参考になれば幸いです。

「お通し」について深く知る参考リンク

※本記事は2017年10月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。