「解放」「開放」の読み方、意味、SPI対策の覚え方は?「改革解放」「改革開放」は別の歴史を指す

改革解放(かいかくかいほう)というと、1949年に中国共産党が中華人民共和国を建国して農民や労働者が封建制度や帝国主義から解放されたことを指します。

改革開放(かいかくかいほう)というと、1978年に鄧小平が主導した経済政策で市場経済や外資の導入などで中国を世界に開放したことを意味します。

「解放」と「開放」は、どちらも「かいほう」という読み方ですが、意味や使い方には違いがあります。

例えば「改革解放」と「改革開放」は、どちらも中国の歴史的な出来事を表す言葉ですが、別の出来事を指す言葉です。

「改革解放」とは、1949年に中国共産党が中華人民共和国を建国したことで、農民や労働者が封建制度や帝国主義から解放されたことを意味します。

「改革開放」とは、1978年に鄧小平が主導した経済政策で、市場経済や外資の導入などで中国を世界に開放したことを意味します。

このように、「解放」と「開放」は似ているようで違う言葉です。

「解放」の意味・覚え方

「解放」は「解き放つ(ときはなつ)」つまり「束縛や制限を解いて自由にすること」を意味します。

例えば、「人質を解放する」「仕事から解放される」などと使う場合は、「解放」を使います。

英語では、release, free, liberate, emancipateなどの単語が使えます。

「改革解放」と書くと、1949年に中国共産党が中華人民共和国を建国したことで、農民や労働者が封建制度や帝国主義から「解放」されたことを意味します。

「開放」の意味・覚え方

「開放」は「開き放つ(ひらきはなつ)」つまり「窓や扉などを開けること」「扉を開けて出入りを自由にすること」を表します。

一方、「窓を開放する」「図書室を開放する」などと使う場合は、「開放」を使います。

英語では、open, unlock, make accessibleなどの単語が使えます。

「改革開放」と書くと、1978年に鄧小平が主導して、市場経済や外資の導入などで中国を世界に「開放」したことを意味します。

関連記事

「和魂洋才」「和魂漢才」の読み方、意味、語源、英語での表現は?

和魂洋才(わこんようさい)は「日本人としての心を持ちながら、西洋の知識や技術を学ぶ」という意味です。和魂漢才(わこんかんさい)は「日本人としての心を持ちながら、中国の知識や技術を学ぶ」という意味です。 つまり和魂洋才と和魂漢才は、「西洋」を対象とするか「中国」を対象とするかの違いはあれど、似た意味の言葉といえます。

目次
メインメニュー