仕事現場や研修で使う「ロープレ」とは? 外資企業にもロープレあるの?

ロープレとは、日本企業の営業職・接客業の研修でよく実施される方法です。

仕事における仮想の役割や場面を設定し、疑似的に営業や接客を体験するという手法です。これにより同様の状況への対処法を学びます。

例えば、あなたが営業職だとします。 ある日、上司から「明日は新商品のプレゼンテーションを行ってください」と言われました。 しかし、あなたは新商品についてあまり詳しくなく、どうやってプレゼンテーションをすればいいか分かりません。

そんなときに、「ロープレ」を活用できます。

「ロープレ」のやり方

「ロープレ」では、プレゼンテーションを行う前に、同僚や上司などと一緒に、実際の場面を想定して練習します。

あなたはプレゼンター役を担当し、相手はクライアント役を担当します。 プレゼンテーションの内容や流れ、クライアントの質問や反応などを事前に想定し、それに沿ってロールプレイングを行います。 その際に、相手からのフィードバックやアドバイスをもらい、自分の課題点や改善点を見つけます。

これを繰り返すことで、プレゼンテーションのスキルを向上させることができます。

効果的な「ロープレ」のやり方

ロープレは、営業職にとって非常に有効なトレーニング方法ですが、ただやればいいというものではありません。

効果的なロープレをするためには、以下のポイントに注意する必要があります。

欧米企業にも「ロープレ」はある?

では、欧米企業でもロープレは行われているのでしょうか。答えは、はい、行われています。

実は「ロープレ」は「ロールプレイング」の略語で、欧米企業が発祥の研修方法なのです。

欧米企業では、ロープレをする際に以下のようなポイントに気を付けています。

・ゴールやスケジュールを明確にする ・トークスクリプトや設定を詳細に作成する ・緊張感を持って取り組む ・3人1組で実施し、オブザーバーからフィードバックを受ける ・部分的にロープレを行う ・テーマやケースを多様にする

ただし、「ロープレ」という言葉は和製英語で、英語ネイティブの言葉にはありません。

英語では「ロープレ」のことを「role-playing」と呼びます。

日本語の「ロールプレイング」と英語の「role playing」の違い

英語のrole playingとは、「ある役割を演じること」を意味する言葉です。

例えば、外国語の習得や心理療法などで、実際の場面を想定して、自分や相手の立場になって話したり行動したりすることをrole playingと言います。role playingは、ビジネスシーンにおいても、セールスマンやコールセンターのスタッフなどの教育訓練に使われる技法です。

role playingを通じて、問題点や解決方法を考えたり、技能や対応力を向上させたりできます。

一方、日本語の「ロールプレイング」とは、英語のrole playingと比べて限定的な意味で、主に以下2つの意味で使われます。

1つ目は「ロールプレイングゲーム」や「ロールプレイングコミュニティ」などの略称としても使われます。

「ロールプレイングゲーム」とは、ゲーム内で自分が好きなキャラクターや役割を選んで、物語や冒険に参加できるゲームのジャンルです。

「ロールプレイングコミュニティ」とは、インターネット上や現実空間で、特定の世界観やテーマに沿って自分が好きなキャラクターや役割を演じてコミュニケーションを楽しむ集団のことです。

2つ目は、営業職や接客業などのトレーニング手法のことを指します。これは上記に説明したとおりです。

関連記事

「内製化」「アウトソーシング」それぞれのメリット・デメリット

内製化とは、業務を外部に委託せず自分の会社内でこなすように変えることです。仕事の一部を外部の業者に任せる外注(アウトソーシング)の逆です。内製化の経営戦略は20世紀初頭に米国の自動車メーカー「フォード」で大成功をおさめました。 この成功を受け日本企業も様々に取り組みましたが、結果的に日本では内製化よりも外注(アウトソーシング)が主流になりました。

目次
メインメニュー