bizwords.jp 利用規約

はじめに

「bizwords.jp」は、八雲国語研究所の協力のもと bizwords.jp 編集部(以下、「当編集部」といいます)が運営するサービスです。

本サービスの利用者は、予め本規約に同意した上で、本サービスを利用して頂きますので、本サービスをお使いの利用者は下記の内容を事前にお読みいただきますようお願い申し上げます。

第1条(総則)

1.bizwords.jp 利用規約(以下、「本規約」といいます)は、当編集部と、本サービスを利用するすべての方(以下、「利用者」といいます)との間の一切の関係に適用するものとします。

2.利用者は本規約に同意の上、本サービスを利用するものとみなされます。

3.当編集部は本規約を、利用者への予告なしに改訂できるものとします。変更後の本規約は、過去の規約に優先して適用されるものとし、本サービス上に掲載した時点をもって効力を生じるものとします。変更後の本サービスの利用により、利用者は変更後の規約に同意したものとみなされます。

第2条(用語の定義)

(1)「本サービス」とは、インターネット上のコミュニティサービスである「bizwords.jp」のことを指します。

(2)「利用者」とは、本サービスを利用するすべての者のことを指します。

(3)「コンテンツ」とは、本サービス上のあらゆる情報を指します。

第3条(本サービスの目的と内容)

本サービスでは、八雲国語研究所の協力のもと bizwords.jp 編集部がビジネス用語についての独自解釈を含む解説を行い、利用者の生活をより豊かなものにしていくことを目指しています。

第4条(個人情報の取り扱い)

当編集部は、利用者の個人情報をプライバシーポリシーに従い、適切に取り扱います。

第5条(免責)

本サービスの利用は、利用者ご自身の責任においてご利用いただきます。また、次の項目に関して、予め同意するものとします。

掲載記事内容の保証

当編集部は、掲載された記事内容、画像その他コンテンツに関していかなる保証もいたしません。 また、掲載された記事内容、画像その他コンテンツによって生じた損害(コンピュータ・ウィルス感染被害なども含みます)に対し、当編集部は一切の補償および関与をいたしませんので、予めご了承下さい。

リンク先の保証

当編集部は、リンクとして掲載されたホームページに関して、いかなる保証もいたしません。また、リンク先で生じた損害やトラブル等に対し、当編集部は一切の補償および関与をいたしませんので、予めご了承下さい。

第6条(本サービスの一時的な中断)

当編集部は利用者に事前の告知なく、以下の理由にて本サービスの提供を中断することがあります。 また当編集部は本サービスの停止による利用者の不利益・損害に関して、一切の責任を負わないものとします。

(1)本サービスのシステムの保守、点検、修理をするとき

(2)本サービスの稼働のための設備の保守、点検をするとき

(3)火災、停電などによるシステム機器のトラブルがあったとき

(4)天変地異、戦争、動乱、労働争議などによる本サービスの提供ができなくなったとき

(5)その他、運用上、技術上、当編集部が本サービスの提供の中断を行う必要があると判断したとき

第7条(著作権等)

1.「bizwords.jp」のコンテンツ記事内容に関する著作権は、全て八雲国語研究所に帰属するものとします。

2.前項に定める著作権を除き、本サービスに関する著作権その他の権利は当編集部に帰属し、利用者は、本サービスに関するコンテンツを無断で複製、編集、改編、掲載、転載、公衆送信、上映、展示、提供、販売、譲渡、貸与、翻訳、翻案、二次利用等することはできません。

3.利用者が本サービスに掲載されているコンテンツ記事内容を無断で利用し利益を得た場合には、八雲国語研究所ならびに当編集部は利用者に対しその利益相当額の金額を請求できる権利を有するものとします。

第8条(禁止行為)

当編集部は、利用者が本サービスを利用するに際して、次の各号に該当するまたは該当するおそれがある行為を行うことを禁止します。利用者が本条に違反したと当編集部が判断する場合、八雲国語研究所ならびに当編集部は、当該利用者に対して違反事実を本サービス内外で開示することがあります(ただし、八雲国語研究所ならびに当編集部はその義務を負うものではありません)。本条の措置により利用者に不利益・損害が発生した場合においても、八雲国語研究所ならびに当編集部はその責任を負いません。また本条の定めにしたがって、八雲国語研究所ならびに当編集部が行った行為に関する、質問、苦情は一切受け付けておりませんのでご了承ください。

(1)本規約に違反すること

(2)八雲国語研究所ならびに当編集部の知的財産権(著作権、意匠権、実用新案権、商標権、特許権、ノウハウが含まれるがこれに限定されない)を侵害すること

(3)有害なプログラム・スクリプト等を送信、投稿する行為

(4)八雲国語研究所ならびに当編集部に不利益・不快感を与えること

(5)八雲国語研究所ならびに当編集部からのサポートメール、私信を転載する行為

(6)通常利用の範囲を超えてサーバーに負担をかける行為

(7)本サービスの運営を妨げること、または、八雲国語研究所ならびに当編集部の信用を毀損すること

(8)その他、当編集部が不適当と判断すること

第9条(通知・連絡)

利用者は、当編集部に連絡をする場合、当編集部が指定するフォームおよび電子メールにての連絡を行うものとします。 本サービス掲載上の連絡先以外から通知に関してはお受けしかねます。 当編集部からの利用者に対する連絡は、本サービス上での掲示、または利用者への電子メールなどにより行うものとします。 ただし、利用者から正確な連絡先の提供がなされていない場合の不利益に関しては、当編集部は一切責任を負いません。

第10条(権利義務等の譲渡)

当編集部は、本サービスを第三者に承継させる場合には、承継に伴い、本規約上の地位、本規約に基づく権利、義務、コンテンツを当該サービスの承継人に譲渡することができるものとし、利用者は、かかる譲渡について本項において予め同意したものとします。

第11条(分離可能性)

1.本規約の規定の一部が法令に基づいて無効と判断されても、本規約のその他の規定は有効とします。

2.本規約の規定の一部がある利用者との関係で無効とされ、または取り消された場合でも、本規約はその他の利用者との関係では有効とします。

第12条(準拠法)

本規約は、日本法を準拠とし、解釈されるものとします。

2018年10月20日改訂