「B to B」と「B to C」の意味の違いとは…誰が誰に対して販売をするのか

「B to B」企業は知名度が低い!?

「『B to B』営業経験者募集」「うちは『B to B』企業だから『B to C』企業に比べて知名度がないんだよ」……。

このようにビジネス系の記事やビジネスシーンで見聞きする機会が多い「B to B」「B to C」という言葉。何かの略語だというのはわかるのですが、いったいどのような意味がある言葉なのでしょうか?

「B to B」と「B to C」の意味の違いとは…誰に対して販売をするのか

あなたが勤める会社はどちら?


B = Business 、C = Consumer のこと

私たちがビジネスシーンでよく目にする「B to B」と「B to C」は、誰が誰に対して販売をするのかを端的に表した言葉です。

まず知っておきたいのが、B が Business(=”事業”や”企業”) 、C Consumer(=”消費者”) の頭文字をとったものであるという点。間に入る前置詞 to には”~に対して”という意味があります。

B と C は何の略?
  • B = Business(=”事業”や”企業”)
  • C = Consumer(=”消費者”)
  • to = ”~に対して”

「B to B」と「B to C」の意味

つまり「B to B」とは Business to Business の略、すなわち”企業間取引”のことを指し、「B to C」は Business to Consumer の略、すなわち”企業対消費者間取引”のことを指すのです(それぞれ「B 2 B」、「B 2 C」と表記するケースもあります)。

またビジネスパーソン同士の会話や、リクルーターと就活生の会話では、「うちは『 B to B 企業』だから『B to C』企業に比べて知名度がないんだよ」といったように、それぞれの言葉の後ろに「企業」をつけて用いることがあります。

「B to B 企業」とは、商社や製造業のように”法人に対する販売を中心とする企業”を指し、「B to C 企業」とは、スーパーマーケットのように”一般消費者に対する販売を中心とする企業”を意味します。

ただし、例えば銀行のように法人営業部門とリテール営業部門が存在し「B to B」も「B to C」も行う企業が数多くあるという点も社会人としては知っておきたいところです。

「B to B」と「B to C」の意味
  • B to B = Business to Business =”企業間取引”
    B to B 企業”法人に対する販売を中心とする企業”
    〈 B to B 企業の例〉商社、製造業(メーカー)、卸売業など
  • B to C = Business to Consumer =”企業対消費者間取引”
    B to C 企業”一般消費者に対する販売を中心とする企業”
    〈 B to C 企業の例〉スーパーマーケット、個人を対象とした保険代理店、自動車販売店など
  • ※B to C は「小売業」、「リテール」などといった言葉と同義で用いられるケースもある
世の中には様々な種類の「営業職」が存在する 「法人営業」「飛び込み営業」「ソリューション営業」......。就職情報誌や各種掲示板を見ると、様々な「営業職」に関する言葉が並びます。 営業と一口言っても、世の中...
「リテール営業職」=”個人客を相手にする営業職”のこと 「B社が『リテール』営業職を募集しているようだ」「C証券は『リテール』に強みを持つ」......。 このようにビジネス系の記事やビジネスシーンでも見聞き...

就職活動中の学生であれば自分が志望する企業、若手のビジネスパーソンなら自分の勤めている企業が、果たしてどちらに分類されるか(あるいは両方を行っているのか)一度考えてみるとよいかもしれませんね。

「B to B企業」と「B to C企業」の特長

せっかくですから「B to B企業」と「B to C企業」の特長も見てみましょう。

(大企業は別として)基本的にCMなど商品や企業広告を展開する必要がない「B to B企業」は、「B to C企業」に比べて一般的に知名度が低くなりがちな傾向があります。

しかし、その一方で法人が主な販売先であり一件当たりの販売額も大きいことから、「B to B企業」は会社の売上高が大きくなりやすい傾向があります。

「B to B企業」の特長
  • 営業は法人に対して行う(=「法人営業」)
  • 法人が主な販売先であるため、一件当たりの販売額が大きい
  • 基本的にCMなど広告を展開する必要がないため、一般的な企業の知名度が低い
「B to C企業」の特長
  • 営業は一般消費者に対して行う(=「リテール営業」)
  • 一般消費者が主な販売先であるため、一件当たりの販売額が少ない
  • 基本的にCMなど広告を展開する必要があるため、一般的な企業の知名度が高い

基本的な使い方

それぞれの言葉の基本的な使い方を見てみましょう。

「B to B」と「B to C」の基本的な使い方
  • 「B to B」 / 「B to C」
  • 「B to B」企業 / 「B to C」企業
  • 「B to B」取引 / 「B to C」取引

「B to B」取引や「B to C」取引という言葉は、「B to B」と「B to C」自体に”取引”の意味が含まれていますが、わかりやすく表現するために”取引”という言葉を補っています。

具体的な使い方(文例)

続いて具体的な文例で確認しましょう。

「B to B」と「B to C」を用いた具体的な文例
  • (転職情報誌にて)「B to B」営業経験者募集
    ”法人”営業の経験者募集
  • ドメスティックな「B to B」企業
    ⇒ 国内での”法人間取引”を主体とする企業
  • 「B to C」を前提としたビジネスモデル
    ”一般消費者への販売”を前提としたビジネスモデル
  • 「B to C」企業は多額の広告宣伝費用が必要なため、販管費負担が大きくなる
    ”小売業”は多くの広告宣伝費用が必要となる

このように用いられます。それぞれの言葉が持つ意味をイメージできたでしょうか。

ちなみに「ドメスティック」には”国内の”という意味があります。

「『ドメスティック』な企業」ってナニモノ? 何気なく同僚がつぶやいたこんな一言。「うちの会社は『ドメスティック』な企業だからなぁ」......。 ん?「ドメスティック」は「ドメスティック・バイオレンス(DV)...

「B to B」「B to C」以外にもこんなものがある

「B to B」「B to C」以外にも次のような言葉があります。

  • 「B to G」 = Business to government = ”企業対政府間取引”
  • 「C to C」 = Consumer to Consumer = ”消費者間取引”

「C to C」の代表例としては、インターネットを利用した個人間取引(いわゆるネットオークション)を挙げることができます。

同義語・類義語

同義語・類義語についても考えてみましょう。

「B to B」に似た言葉には、「企業間取引」や「法人間取引」などといった言葉があります。

一方「B to C」に似た言葉には、「企業対消費者間取引」や「小売業」、「リテール」などといった言葉があります。

「B to B」と「B to C」の同義語・類義語
  • 「B to B」=企業間取引、法人間取引
  • 「B to C」=企業対消費者間取引、小売業、リテール

いずれにせよ、「B to B」と「B to C」という言葉はビジネスシーンでもよく用いられる言葉なので、社会人の常識として意味を知っておきたいところです。

以上、「B to B」と「B to C」の意味の違いについての説明でした。ビジネスパーソンのみなさんの参考になれば幸いです。

「B to B」と「B to C」について深く知る参考リンク

※本記事は2017年12月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。