「コスト」の意味と使い方とは…ほとんどのケースにおいて”費用”や”お金”に置き換えることができる

stevepb / Pixabay

「A社の最終損益は、新サービスの営業人員拡充による『コスト』増が影響し大幅な赤字となった」「ビジネスパーソンたるもの常に『コスト』意識を持たなければならない」……。

このようにビジネスシーンでよく用いられる言葉に「コスト」という言葉があります。

ここでは、この言葉にいったいどのような意味や使い方があるのかを考えてみます。

読み方と意味

まず先に言葉の意味の確認から。

「コスト」は英単語”cost”に由来するカタカナ語です。英単語”cost”には名詞で”費用”、動詞で”(人に)~の費用がかかる”という意味があります(ちなみに英単語”cost”は高校生レベルの英単語です)。

英単語:”cost”の意味
  • 名詞で”費用”、動詞で”(人に)~の費用がかかる”

というわけでカタカナ語「コスト」は、英単語の意味そのままに”費用”という意味となります。

「コスト」(英単語:”cost”)の意味
  • 費用

例えば「『コスト』が増える」ならば、「『費用』が増える」という意味。「『お金』がかかる」と考えてもかまいません。

  • 「コスト」が増える
    =「費用」が増える
    =「お金」がかかる

ほとんどのケースにおいて”費用”や”お金”に置き換えることができます。

「先月あれだけB社メディアに対する広告費を増やしたにもかかわらず、集客が対前年比を下回ったということは、B社のメディアには『費用対効果』が望めないということを意味するのではないか」......。 このようにビジネスシーンでよく...

基本的な使い方

基本的な使い方(基本パターン)を見てみましょう。

主に以下のような表現で用いられます。

基本パターン
  • コストがかかる(かさむ/高い/低減する/逓増・逓減する)
  • 高(低/ロー)コスト
  • コスト増(減)
  • コスト削減(カット/カッター)
  • コスト負担
  • 採用(研究開発/配送/イニシャル/ランニング)コスト

これらの表現はビジネス系の記事で好んで使用されます。

「トータルコスト」で考えることが大事 ビジネスシーンのみならず、私たちが普段の生活の中でよく聞く言葉に「イニシャルコスト(=initial cost) 」と「ランニングコスト(=running cost)」があります。この二つのカタカ...

具体的な文例

具体的な文例も見てみましょう。

「コスト」を用いた具体的な文例
  • コスト削減のために総務部門をアウトソーシングしてしまうという手もある。
     ⇒”費用”を削減すること、”お金”をかけないこと
  • 既存の販売手法では人件費をはじめとするコストがかさんでどうしようもない。一刻も早くインターネット通販の導入を検討すべきだ。
     ⇒既存の販売方法では”費用”がかかってしまう、”お金”がかかってしまう
  • 好況期における転職市場では売り手優位となるため、各企業の採用コストも増加傾向となる。
     ⇒採用のための”費用”、”お金”のこと
  • 居抜き物件の活用は、ローコスト経営の観点からいえば評価されるものである。
     ⇒”費用”、”お金”をかけない経営のこと
  • 不動産関連のサイトを見ていると出てくる「居抜き物件(居抜き店舗)」という言葉。 この「居抜き物件(居抜き店舗)」には、いったいどのような意味があるのでしょうか? 「居抜き物件(居抜き店舗)」の意味とは? 「居抜き物件(居抜き店...
  • A社の最終損益は、新サービスの営業人員拡充によるコスト増が影響し大幅な赤字となった。
     ⇒新サービスの営業人員を増やしたため人件費も増えた
  • それまで送料無料をウリにしていた通販サイトB社は、配送コストの増加を理由に一回の注文につき一律350円の送料を顧客に請求するようになった。
     ⇒配送のための”費用”、”お金”を顧客が負担するようになった
  • 「ネット通販業界では『ラスト1マイル』を制する者が業界の覇者になるとされている」「今回の震災では、支援物資が輸送拠点に滞留し避難所に届かない『ラスト1マイル』問題が生じた」......。 このように最近ビジネス系の記事で登場する機会が...
  • 銀行から来た新取締役のCさんはやり手のコストカッターなんだってさ。
     ⇒”費用”を削減すること、”お金”をかけないことが得意な人
  • ビジネスパーソンたるもの常にコスト意識を持たなければならない。
     ⇒利益のことを考え、赤字にならないよう無駄な”費用”(=”お金”)が生じてないか常に意識することが大切

このように用いられます。言葉が持つ意味やイメージをつかめたでしょうか。

繰り返しになりますが、ほとんどのケースでは”費用”や”お金”に置き換えることができますね。

同義語・類義語

同義語・類義語にはどのようなものがあるでしょうか。

上でも説明した通り、似た言葉には「費用」や「お金」などといった言葉があります。

「コスト」の同義語・類義語
  • 費用
  • お金

いずれにせよ、「コスト」はビジネスシーンでもよく用いられる言葉なので、社会人の常識として意味を知っておきたいところです。

以上、「コスト」の意味と使い方についての説明でした。ビジネスパーソンのみなさんの参考になれば幸いです。

「コスト」について深く知る参考リンク
※本記事は2018年10月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。