刑事ドラマや漫画でよく出てくる「警視庁」と「警察庁」の違いとは?

刑事ドラマや漫画でよく出てくる「警視庁」と「警察庁」の二つの組織。字は似ているのですが、実は全く別の組織です。

そこで、これら二つの組織には、いったいどのような違いがあるのか考えてみます。


刑事ドラマや漫画でよく出てくる「警視庁」と「警察庁」の違いとは?

「警視庁」?「警察庁」?


東京都の警察組織が「警視庁」

まずは「警視庁」から。

「警視庁」は東京都の警察組織です。

「警視庁」(読み方:”けいしちょう”)の意味
  • “東京都の警察組織”

「警視庁」の職員は基本的に地方公務員

東京都内の交番で見かけるお巡りさんや各警察署の署内に勤務する警察職員は、そのほとんどが「警視庁」の職員です。

つまり、私たちがよく街で見る制服姿の「警視庁」のお巡りさんは、基本的に東京都の職員(=地方公務員)なのです(ですから都道府県を越えての転勤は基本的にはありません)。

各都道府県の警察組織には、都道府県名の後に警察の名前がつきます(例えば「神奈川県警」「大阪府警」のようにです)。しかし、東京都だけは「東京都警」ではなく「警視庁」と呼ばれます。

各都道府県の警察組織の呼び方一例
  • 警視庁(東京都)
  • 神奈川県警(神奈川県)
  • 千葉県警(千葉県)
  • 埼玉県警(埼玉県)

「首都警察」として重要な役目を担う「警視庁」

東京都の警察組織が「東京都警察」ではなく「警視庁」と称されるのは、「警視庁」自体が”地方公共団体としての東京都を管轄する警察本部”であるのみならず、”日本の首都としての東京を警備する警察機関”、すなわち「首都警察」として重要な役目を担っているためなのだとか。

「警視庁」は、本部所在地付近の旧称「外桜田門」から、通称あるいは隠語として「桜田門」と呼ばれることもあります。

「警察庁」の職員は国家公務員

一方の「警察庁」は、「財務省」や「外務省」などと並ぶ国の機関。つまり国による警察組織となるのです。

「警察庁」(読み方:”けいさつちょう”)の意味
  • “国の警察組織”

全国の警察組織を統括するエリート集団が「警察庁」

「警察庁」の職員は国家公務員試験の合格者の集まり。いわゆる「キャリア」の集団です。

主に、難関試験のひとつであるとされる「国家Ⅰ種(国家公務員採用Ⅰ種試験)」試験の合格者によって、「警察庁」の職員は構成されています。

「警察庁」の職員は国家という視点から警察行政を指揮するため、各地方公共団体を管轄する各都道府県警察へ出向し監督する役割を持ちます(ちなみに「警察庁」職員は転勤が多いことでも知られます)。

各都道府県警察のトップである本部長などの重要な役職は、「警察庁」の職員によって占められることがほとんどであり、名実ともに全国の警察組織を統括するエリート集団であると言えるでしょう。

国民的人気ドラマ『踊る大捜査線』で考えてみると

「警視庁」と「警察庁」の違いを、国民的人気ドラマ『踊る大捜査線』(フジテレビ)で考えてみましょう。

主人公・青島俊作(織田裕二)や和久平八郎(いかりや長介)をはじめとする湾岸署で働くほとんどの面々が、東京都の警察組織である「警視庁」に勤務する警察職員。彼らは地方公務員になります。

一方、キャリア官僚として描かれる室井慎次(柳葉敏郎)は、国の機関である「警察庁」に勤める国家公務員。ちなみに真下正義(ユースケ・サンタマリア)も「警察庁」に勤め「警視庁」に出向している国家公務員となります。

彼らが「警視庁」に勤務する同年代よりも出世が早いのは、「国家Ⅰ種(国家公務員採用Ⅰ種試験)」試験の合格者である「キャリア」であるためなのです。

というわけで、「警視庁」と「警察庁」の違いを簡単に説明しましたが、この違いを知っていると、刑事ドラマや漫画をもっと面白く見ることができるかもしれませんね。

以上、「警視庁」と「警察庁」の違いについての説明でした。参考になれば幸いです。

「警視庁」と「警察庁」について深く知る参考リンク

※本記事は2016年6月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。