ビジネス記事でもよく見る「プレゼンス」の意味とは?

”存在”や”存在感”という意味がある

「極東地域におけるアメリカの軍事『プレゼンス』」「世界経済において中国の『プレゼンス』が高まっている」……。

ニュースやビジネス系の記事で見かけることが多い「プレゼンス」というカタカナ語。

この「プレゼンス」という言葉には、いったいどのような意味があるのでしょうか?


ビジネス記事でもよく見る「プレゼンス」の意味とは?

圧倒的なプレゼンス!


英単語 presence に由来するカタカナ語「プレゼンス」

「プレゼンス」は英単語 presence に由来する言葉。presence は大学受験など各種試験でも頻出の英単語です。

英単語 presence には、主に“存在(すること)”“出席(すること)”という意味があります。

英単語 presence の主な意味
  • “存在(すること)”
  • “出席(すること)”

また、あまり知られていませんが、“(軍や警察などの)駐留・配備”といった意味もあります。

カタカナ語「プレゼンス」の意味とは?

現在、カタカナ語の「プレゼンス」は、英単語 presence の主な意味である“存在”、あるいは“存在感”という意味で用いられています。

カタカナ語「プレゼンス」の意味
  • “存在”
  • “存在感”

特に、ある特定の国が軍事的・経済的・政治的に強大な”存在”である場合、あるいは”存在感”を示す際に「プレゼンス」という言葉が用いられます。

例えば、「極東地域におけるアメリカの軍事『プレゼンス』」と言えば、アメリカ軍の軍事的な”存在”、あるいは”存在感”を意味しているのです。

同様に、「世界経済において中国の『プレゼンス』が高まっている」と表現されていれば、中国の経済的な”存在”、あるいは”存在感”が高まっていることを示すわけです。

「プレゼンス」の基本的な使い方

カタカナ語「プレゼンス」を用いた表現では、「軍事(経済・政治)プレゼンス」「プレゼンスが高い(高まっている)」「プレゼンスの拡大(低下)」などが好んで使われています。

「プレゼンス」の基本パターン
  • 軍事(経済・政治)プレゼンス
  • プレゼンスが高い(高まっている)
  • プレゼンスの拡大(低下)

「プレゼンス」を用いた具体的な文例

「プレゼンス」を用いた具体的な文例も見てみましょう。

繰り返しますが、本来「プレゼンス」という言葉は、主に特定の国の軍事的・経済的・政治的な”存在”、あるいは”存在感”に対して用いられることが多い言葉です。

ただし、最近のビジネス系の記事などでは、企業の市場における”存在”、あるいは”存在感”に対して使われることも少なくありません。

「プレゼンス」の文例
  • 極東地域におけるアメリカの軍事「プレゼンス」
  • 国際外交における日本の「プレゼンス」
  • 世界経済において中国の「プレゼンス」が高まっている。
  • 東南アジアでは、日本企業の「プレゼンス」が高い。
  • インターネット時代になり新聞やテレビの「プレゼンス」は低下している。
  • A社は、今回の買収により国際的な「プレゼンス」を強化したいと考えている。
  • 新製品の投入は、市場での「プレゼンス」強化が目的だ。

このように「プレゼンス」という言葉は用いられています。

「中国の影響力の拡大に伴い、東南アジアの『地政学的』な情勢は大きく変化している」「企業が海外進出を行う際には、『地政学的』なリスクも考慮しなければならない」......。 このようにビジネス記事などでも用いられることが多い「地政学的」...

「プレゼンス」の同義語・類義語

「プレゼンス」の同義語・類義語についても考えてみましょう。

「プレゼンス」に似た言葉は、やはり「存在」「存在感」になるでしょう。

また、文脈によっては「影響」、あるいは「影響力」といった言葉に言い換えることも可能です。

ちなみに国立国語研究所は、このカタカナ語「プレゼンス」は「存在」や「存在感」などに言い換えたほうがよいと提案しています。

以上、「プレゼンス」の意味と使い方についての説明でした。参考になれば幸いです。

「プレゼンス」について深く知る参考リンク

※本記事は2016年8月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。