どちらがお好き?「トップダウン」と「ボトムアップ」の意味の違いとは?

どちらにもメリット・デメリットがある

「非上場の同族経営では、『トップダウン』で思い切った施策を実現することも可能だ」「B社には、『ボトムアップ』で社員からの提案を採用し意思決定に反映する企業文化がある」……。

このようにビジネス系の記事やビジネスシーンで見聞きする機会も多い「トップダウン」と「ボトムアップ」という言葉。

それぞれの言葉の意味の違いについて、ここでは確認したいと思います。


ウチの会社はトップダウン方式だから頑張ろうね


「トップダウン」と「ボトムアップ」という言葉の由来

私たちがビジネス系の記事やビジネスシーンでよく目にする「トップダウン」と「ボトムアップ」という言葉は、英語の top down と bottom up が語源。

top down も bottom up も、”上”を意味する単語と”下”を意味する単語を組み合わせたものであり、それぞれ”上から下へ”、”下から上へ”というイメージを伴います。

「トップダウン」の意味とは?

カタカナ語「トップダウン」と「ボトムアップ」は、企業や行政機関などの組織の意思決定や指示系統、情報の流れなどに関連して用いられる言葉です。

「トップダウン」は、軍隊や警察などでみられるような、”上位の役職にある者の命令や指示、意見が絶対となる上意下達型組織における意志決定や、上から下への指示系統、情報の流れ”を意味します。

組織の意志決定という点で考えると、意志決定から施策の実行まで、スピード感を持って行われるというメリットがある一方で、上位の役職にある者が間違った意志決定を行った際に、修正がなされにくいというデメリットも存在します。

カタカナ語「トップダウン」の意味
  • ”上から下へ”
  • ”上位の役職にある者の命令や指示、意見が絶対となる上意下達型組織における意志決定や、上から下への指示系統、情報の流れ”

ちなみに「トップダウン」に似た言葉には、「上意下達(読み方:じょういかたつ)」「ワンマン(経営)」などといった言葉があります。

ただし「ワンマン(経営)」という言葉は、ネガティブな文脈で用いられる言葉なので、使用をする際には注意が必要です。

「トップダウン」の同義語・類義語
  • 「上意下達(読み方:じょういかたつ)」
  • 「ワンマン(経営)」

「ボトムアップ」の意味とは?

「トップダウン」に対し「ボトムアップ」は、”下位の役職にある者、例えば現場で働く従業員の意見や提案が上位役職者へと報告され、それらを元にして意志決定が行われる仕組みや、下から上への情報の流れ”を指す言葉です。

組織の意志決定において「ボトムアップ」方式が採用された場合、下位の役職にある者の意見や提案が組織の意志決定に反映されることで、従業員のモチベーションが向上するというメリットがあります。

ただし、その一方で責任の所在があいまいになりやすいというデメリットも存在します。

カタカナ語「ボトムアップ」の意味
  • ”下から上へ”
  • ”下位の役職にある者、例えば現場で働く従業員の意見や提案が上位役職者へと報告され、それらを元にして意志決定が行われる仕組みや、下から上への情報の流れ”

一般的には「ボトムアップ」での意志決定が行われる組織は良い組織であるとされますが、「トップダウン」も「ボトムアップ」も、それぞれに一長一短があるため、一概にそうとも言い切れないのが実状です。

「トップダウン」と「ボトムアップ」の使い方(文例)

実際にこの二つの言葉を用いた具体的な文例を見てみましょう。

まずは「トップダウン」から。

「トップダウン」を用いた具体的な文例
  • 強いリーダーシップを持つA氏は、典型的な「トップダウン」型の経営者だ。
  • 中小企業では、経営者が「トップダウン」でいきなり指示を出し現場が混乱することも少なくない。
  • 非上場の同族経営では、「トップダウン」で思い切った施策を実現することも可能だ。
  • 新しい技術の導入や改革を「トップダウン」で一気に進めることは大変な困難を伴う。

続いて「ボトムアップ」。

「ボトムアップ」を用いた具体的な文例
  • B社には、「ボトムアップ」で社員からの提案を採用し意思決定に反映する企業文化がある。
  • C社では社員からの「ボトムアップ」により事業開発が行われている。
  • 社員の声を反映させる「ボトムアップ」式のマネジメントには、社員の士気を上げる効果がある。
  • 経営者にとって「ボトムアップ」式の社内体制を構築することは大きな冒険だろう。

このように用いられます。

いずれにせよ、「トップダウン」と「ボトムアップ」という言葉は、ビジネス系の記事やビジネスシーンで頻繁に出てくる言葉なので、ビジネスパーソンとしての常識として意味を知っておきたいところです。

以上、「トップダウン」と「ボトムアップ」の意味の違いについての説明でした。みなさんの参考になれば幸いです。

「トップダウン」と「ボトムアップ」について深く知る参考リンク

※本記事は2016年12月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。