「就業規則」「就業状況」「就業日数」…「就業」の意味とは?

「『就業』規則」、「『就業』状況」、「『就業』日数」、「『就業』時刻」……。

このようにビジネスシーンで頻繁に用いられる「就業」という言葉。

ここでは、「就業」という言葉にいったいどのような意味があるのかを再確認してみたいと思います。


「就業規則」「就業状況」「就業日数」…「就業」の意味とは?

休職者も就業人口にカウントされるらしいよ~


「就業」の意味とは?

「就業」には、主に二つの意味があります。

まず一つ目は、「就業人口」や「就業状況」、「就業日数」のように”職に就いていること”や”特定の仕事に従事していること”を指す意味。簡単に言えば「労働」や「仕事」と同じ意味となります。

そして二つ目は、”その日の仕事を始めること”という意味。例えば「就業時刻」で用いられる「就業」は、こちらの意味となります。

「就業」(読み方:”しゅうぎょう”)の意味

① ”職に就いていること”、”特定の仕事に従事していること”
(例)「就業人口」、「就業状況」、「就業日数」

② ”その日の仕事を始めること”
(例)「就業時刻」

多くの場合においては、一つ目の意味で用いられることがほとんどであり、この場合、「労働(に関する)」や「仕事(に関する)」と読み替えることで意味が理解しやすくなります。

また、逆に「労働(に関する)」や「仕事(に関する)」を少し難しくした言葉が「就業」である、と考えてもよいかもしれません。

「就業」を用いた言葉の例

以下に「就業」を用いた言葉の例を見てみましょう。

「就業」を用いた言葉の一例
  • 「就業人口」
    =仕事について賃金を得ている人の数
  • 「就業状況」
    =ある人が仕事について賃金を得ているかどうか
  • 「就業希望者」
    =特に正社員での就職を希望する人
  • 「就業体験」
    =学生が実際に仕事を経験すること(インターンシップとも)
  • 「就業支援」
    =行政機関などが就職を支援すること
  • 「就業管理(システム)」
    =労働者の勤怠管理(システム)
  • 「就業日数」
    =労働を行い賃金を得ている日数
  • 「就業規則」
    =会社において仕事をするうえでのきまり
  • 「就業形態」
    =どのような場所や形式、時間、賃金支払い方法で労働を行うのか
  • 「就業時刻」
    =仕事の開始時刻

このように「就業」を用いた言葉は意外と多くあります。

「就業」を用いた具体的な文例

続いて、「就業」を用いた具体的な文例も見てみましょう。

「就業」を用いた具体的な文例
  • 日本国内においては、大学生の企業における「就業」体験プログラムとして、インターンシップが広く採用されている。
  • 労働力調査とは、「就業」状況、失業者、失業率を把握するため、総務省統計局が毎月実施・公表している基幹統計である。
  • 「就業」人口とは、人口の中でも職業に就いて収入を得ている人間の数のことを指すが、「就業」人口となっている人の中でも、実際に「就業」している「就業」者と、「就業」していない休業者に分けられる。そのため、働いていない状態の者でも「就業」人口に加えられているということがある。

このように用いられます。

「就業」の同義語・類義語

「就業」に似た言葉には「就労」や「就職」、「労働」、「仕事」などといった言葉があります。

「就業」の同義語・類義語
  • 「就労」
  • 「就職」
  • 「労働」
  • 「仕事」

いずれにせよ、「就業」という言葉はビジネスパーソンが頻繁にお目にかかる言葉。

社会人の常識として一応の意味を知っておきたいところです。

以上、「就業」の意味についての説明でした。参考になれば幸いです。

「就業」について深く知る参考リンク

※本記事は2016年12月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。