ビジネスパーソンの一般常識!?「インフラ」の意味とは?

“社会基盤”のこと

「政府が『インフラ』整備計画を策定する」「橋梁やトンネルなどの『社会インフラ』の老朽化は深刻な問題だ」……。

ニュース記事のみならず、ビジネスシーンでも見聞きする機会が多い「インフラ」という言葉。

このカタカナ語「インフラ」には、いったいどのような意味があるのでしょうか?


ビジネスパーソンの一般常識!?「インフラ」の意味とは?

「インフラ」の意味とは!


英単語 infrastructure に由来するカタカナ語「インフラ」

私たちがビジネスシーンでよく目にする「インフラ」は、英語の infrastructure という単語を語源とする言葉です。

英単語 infrastructure は大学受験レベルの英単語なので、知っている人も多いでしょう。

英単語 infrastructure には”基盤”、それから”(社会や経済などの)基盤となる施設や設備”といった意味があります。

英単語 infrastructure の意味
  • “基盤”
  • “(社会や経済などの)基盤となる施設や設備”

この infrastructure の読みである「インフラストラクチャ」を省略した言葉が「インフラ」です。

カタカナ語「インフラ」の意味とは?

カタカナ語「インフラ」は、単独で用いられた場合には、主に”社会基盤”という意味になります。

カタカナ語「インフラ」の意味
  • “社会基盤”

例えば「都市の『インフラ』を整備しなければならない」という表現があれば、”社会基盤”、すなわち交通(道路や橋・トンネル、あるいは鉄道に関連する施設や設備)やライフライン(上下水道・電気・ガス・通信に関連する施設や設備)の整備が必要であることを意味します。

「インフラ関連企業」とは?

就職活動や株式取引などで聞くことも多いのが「インフラ関連企業」という言葉。

「インフラ関連企業」とは、主に電力会社・鉄道会社・通信関連企業・大手ゼネコンなどを指します。

一般的に「インフラ関連企業」は、景気に左右されにくく安定した経営が行われているとされています。

「インフラ」の使い方(基本パターン)

「インフラ」という言葉の基本的な使い方を見てみましょう。

「インフラ」の基本パターン
  • 「インフラ整備」 = インフラを整備すること
  • 「インフラ建設」 = インフラを建設すること
  • 「インフラ輸出」 = インフラ技術を輸出すること
  • 「交通インフラ」 = 道路や鉄道のこと
  • 「水道インフラ」 = 上下水道に関連する施設のこと
  • 「ITインフラ」 = 通信に関連する施設のこと
  • 「生活インフラ」 = 上下水道・電気・ガス・情報通信に関連する施設のこと
  • 「観光インフラ」 = 観光に関連する施設のこと

このように「インフラ」という言葉は使われます。

ちなみに「社会インフラ」という言葉も頻繁に使われますが、「社会インフラ」は「交通インフラ」や「生活インフラ」さらには医療・福祉制度などといった社会的な仕組みまでを広く含む言葉として用いられています。

また、企業内で「インフラ」という言葉が用いられた場合(「ITインフラ」「社内インフラ」など)には、特に情報通信に関する企業内の設備を示すことになります。

「インフラ」の文例

「インフラ」を用いた具体的な文例も見てみましょう。

「インフラ」の文例
  • 政府が「インフラ」整備計画を策定する。
  • 「インフラ」の建設や維持管理には莫大な費用がかかる。
  • 海外に新幹線や火力発電所などの「インフラ」を輸出する。
  • 橋梁やトンネルなどの「社会インフラ」の老朽化は深刻な問題だ。

「インフラ」の同義語・類義語

「インフラ」の同義語・類義語にはどのような言葉があるでしょうか?

「インフラ」に似た言葉には、「社会基盤」「ライフライン」などといった言葉があります。

「インフラ」の同義語・類義語
  • 「社会基盤」
  • 「ライフライン」

いずれにせよ、ビジネスパーソンとしては一般常識として「インフラ」という言葉の意味を知っておきたいところです。

以上、「インフラ」の意味と使い方についての説明でした。参考になれば幸いです。

「インフラ」について深く知る参考リンク

※本記事は2016年8月時点の情報を元に執筆されたものです。あらかじめご了承ください。